So-net無料ブログ作成
検索選択
東京・神奈川(平野部) ブログトップ
前の3件 | -

多摩よこやまの道・尾根緑道・絹の道・(大塚山) [東京・神奈川(平野部)]

2015/02/14(土)

■第301回 : 多摩よこやまの道・尾根緑道・絹の道


今回歩いてきたのは、多摩丘陵の尾根道を「多摩よこやまの道」「尾根緑道」「絹の道」という3本の道を通して歩いて、東から西へ縦走(?)するコースです。
万葉集にも詠まれた「多摩よこやまの道」から、明治時代に繁栄した「絹の道」までを、さらに近代(戦時中)に軍事用に建設された過去を持つ「尾根緑道」を挟んで歩くという、時代を横断するコースにもなっています。
市街地の中を縫うように進みながらも、意外にも緑が多く残されていることが分かったり、尾根道であることから山岳展望まで得られたりと、歴史を少し味わえた以外でも、思いのほか楽しんで歩くことができました。

(往路)
長久保 06:45-07:01 町田 07:08-07:15 新百合ヶ丘
新百合ヶ丘 07:22-07:29 はるひ野

(登山行程)
はるひ野駅       07:40
多摩よこやまの道・東端 07:50
諏訪ヶ岳        08:05
多摩丘陵パノラマの丘  08:15-08:20
一本杉公園       08:55-09:05
もものき広場      09:45
多摩よこやまの道・西端 10:25
尾根緑道        10:45-10:50  (小山長池トンネル付近)
絹の道分岐点      11:25
大塚山公園(道了堂跡)  12:05-12:15
八王子みなみ野駅    12:45

(復路)
八王子みなみ野 12:55-13:01 橋本 13:04-13:14 古淵


大きなマップで見る

小田急多摩線のはるひ野駅が、今回の下車駅です。
流線型の駅舎は、これから歩く多摩丘陵をイメージしてデザインされたもので、屋上には風力発電の風車が並び、屋根にも太陽光発電のパネルが設置されているなど、自然エネルギーを活用する設計になっているようです。
なお、多摩よこやまの道に近いのは反対側の北口で、当然そちらの改札口から出たのですが、北口に駅前と呼べるような景色が何もなかったので、駅の写真を撮るには跨線橋で南口に渡ってこなければなりませんでした。
すぐに、京王線の線路の下をくぐります。この日、朝の冷え込みはなかなか厳しかったのですが、この先に緩やかな登り坂がしばらく続いていて、おかげでいい具合に身体が温まりました。
10分ほどで、多摩よこやまの道の東端に到着です。駅からここまでの間は、特に道案内はありませんでした。

良く整備された、広くて歩きやすい道が続いていきます。寒い時期で、しかも早い時間のスタートだったためか、多摩よこやまの道を歩いている間は、数えるほどの人しか見掛けませんでした。
多摩よこやまの道は、低いながらも尾根道ですから、樹木が途切れたところからは遠くの山並みを望むことができます。この日は空気が澄んでいて、その上に頭だけを出していた富士山も、きれいに見えていました。
ほぼずっと、「尾根幹線道路」に沿って進んでいきます。比較的交通量の多い道路ですが、このようにすぐ隣を通っている区間を除けば、静かな雰囲気の中を歩くことができました。
木段が整備されていたり、たいしたコブでもないのに巻き道まであったりして、景色は登山道さながらでした。

144m三角点のある場所は、ちょっとした広場になっていました。
三角点標石の後ろには、「諏訪ヶ岳」と書かれた私製の標柱が立てられていました。
ごく小さなコブですがピークには違いないので、一丁前に山名まで付られていたのです。これで一応は山に登ったことになりますから、この記録を「山行記録」としても嘘にはならないのかな。
諏訪ヶ岳の先には、すっかり山道を歩いているような気分になれる箇所もありました。

諏訪ヶ岳の少し先にも、同じくらいの高さのピークがあります。
「多摩丘陵パノラマの丘」と名付けられたその場所に登ると、一気に展望が開けて爽快な眺めを楽しめました。
「多摩丘陵パノラマの丘」では西側に大展望が広がっていて、丹沢・奥多摩・秩父の山々を一堂に見渡せます。
下の写真は山名ガイドを入れた縮小版なのですが、あまりに広い範囲を1枚に縮小してしまったため、山々の区別が付けづらくなってしまいました。大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
丹沢の稜線上には、富士山が相変わらずスッキリと見えていました。富士山の左隣は丹沢最高峰の蛭ヶ岳です。

両脇はすぐ近くまで市街地や道路が迫ってきて、尾根上には狭い幅で緑地が残されているだけですが、そこをうまく縫うようにして道が付けられていました。
とはいえ、道路に出てしまうことも多くて、中にはこうして完全に幹線道路上を歩くような箇所も。
再び山道に入ると、もちろん雰囲気は良くなるのですが、結構アップダウンが多く、あまり楽には歩けません。
かと思えば、すぐ先でまた車道歩きに戻ったりして、状況がめまぐるしく変わります。

一本杉公園の入口まで来ました。
この門は開放時間が朝8時からとなっていたので、あまり早く来てしまうと中を通れないようです。
公園の中心には池を配した大きな広場があって、市街地の中にありながら落ち着いた空間になっていました。
まだ朝の9時ということで、ここでもほとんど人を見ていません。
こんな時期なので少し寒々しい景色ですが、池の前は芝生広場なので、暖かくなれば緑で埋まるのでしょう。
公園内には、文化財としてここに移築され、保存・展示公開されている古民家が2軒あります。
今回はそのうち、旧有山家住宅を見てみました。18世紀初め頃の建築とみられ、小規模で質素な構造をしていることから、標準的な農家の住宅ではないかと推測されています。
台所は土間となっていて、かまども見られました。
囲炉裏のある座敷には竹の簀子(すのこ)が敷かれ、奥に接客主体の畳敷きの部屋があります。
広場から一段下がった所にキウイフルーツの屋根でできたテラスがあったので、ここで少し休んでいきましたが、石でできた椅子がキンキンに冷えていて、あまり長くは座っていられませんでした。

その後は次第に、道路を歩く区間が増えていきます。
ほとんどの場所では車道と歩道が分かれていて、車に注意が必要なのは道路を横断する時だけでしたが‥‥
遊歩道に入っても、自然が感じられる場所は少なくなり、コンクリートで固められた路面が多くなります。
多摩よこやまの道を東から西へ進むと、前半はあちこちに見所がある感じでしたが、後半になるに従って、淡々とただ歩くだけの区間が長くなっていくような印象でした。

久しぶりに広場に出た時、斜面に雪が残っていたのが意外でした。
案内図やガイドブックでは全く触れられていない場所ですが、ここは「もものき広場」というようです。
今年はまだ雪のある山には出掛けていなかったので、ほんの20~30mの間ですが、雪の感触を楽しみました。

その後は、小田急線の車両基地のすぐ横を通ります。車両基地の先には、多摩線の終点・唐木田駅があります。
遊歩道区間に入ると、ほぼ例外なく坂道が登場するのでした。
手前の写真の坂を登り切った所で、「展望ポイント」への分岐道が案内されていたので、寄り道してみます。
てっきり右手の丘の上にでも登るかと思いきや、その道は期待を裏切って中途半端な場所で終わっていました。
そこからの景色がこれ(見える方角はこの範囲だけ)。さっき見てきた車両基地の先に、唐木田駅付近の町並みが眺められる程度で、わざわざ「展望ポイント」と名付けるほどの場所なのか、大いに疑問でした。

元のコースに戻ると、遊歩道区間にしては珍しく、平坦な道が続く一帯が現れました。
車道と並走している区間なのがナンですが、穏やかな景色が目の前に広がって、ここは気分良く歩けています。
その先で、(たぶん)初めて歩道のない道路上を歩くことになったと思ったら、これまでずっと道標完備だったのに、この三叉路だけは何故か道案内がありません。ここでは地図で進路を確認して右折しました。
多摩よこやまの道も終盤になり、久々に尾根上に緑地が復活したら、あとは終点までずっと土の道が続きます。
でも、右を向けばこんな景色でした。見えているのは大型ショッピングモール「ぐりーんうぉーく多摩」です。

次に広場に出たところが、多摩よこやまの道の西端でした。
朝からずっと近くに見ていた「尾根幹線道路」に出ます。ここまで10km以上を歩いてきましたが、この日の行程はやっと半分を過ぎたところで、多摩よこやまの道を歩き終えても、まだまだ先が長いのでした。
西端にある案内図には、このあと長池公園を経て南大沢駅や京王堀之内駅へ向かうコースが書かれていましたが、このあとさらに尾根緑道を歩く計画なので、しばらくは「尾根幹線道路」を進みます。
1kmほど尾根幹線道路を歩いて、小山長池トンネルの前まで来れば、長い車道歩きも終わりです。
小山長池トンネルの入口前から分岐する道で、トンネルの上を通る尾根緑道に上がります。

尾根緑道に上がりました。朝の冷え込みが厳しかったこの日も、11時近くなると過ごしやすくなってきたので、ずっと着たままだったジャケットを、ここでようやく脱いでいます。
尾根緑道はほぼ平坦な道が続いていて、老若男女誰でも気軽に歩ける散策コースとして人気があるようでした。
写真はどれも、写り込む人が少なくなる瞬間を待って撮っていますが、実際には多くの人たちが思い思いに歩いたり走ったりしていて、そして、それでも窮屈に感じないだけの道幅があります。
道幅が広くてゆったりした気分で歩けるのは、戦時中に戦車の走行テストのために建設された道だかららしい。
中央の広い道は舗装されていますが、端のほうには土の道もあります。柔らかな道を歩く方が身体に優しいはずなので、私は土の道を選びましたが、ほとんどの人が舗装された硬い道ばかりを歩いていたのが不思議でした。

名前の通り、尾根緑道も多摩よこやまの道と同様に尾根道なので、遮る物がなければ見晴らしが良くなります。
「東展望広場」は、そんな場所のひとつでした。
丹沢の山並みを一望です(左のほうに大山が、中央より右には塔ノ岳・丹沢山・蛭ヶ岳などが並んでいます)。
すぐ近くには京王線の多摩境駅が見えていて、この写真でも右下のほうに少し写っています。
その後もずっと似たような景色が続きますが、本当に平坦で坂らしい坂が全くなく、歩きやすいです。
しかも、このあたりでは土の道にウッドチップが敷かれていて、フカフカの感触でした。
ここで尾根緑道は左折して、もう少し先まで続いていくのですが、今回は直進して「絹の道」に入ります。

「絹の道」は幕末の横浜開港以来、生糸を運搬するために八王子と横浜を結んでいた交易路です。
このあたりは、それまで歩いていた尾根緑道と同じく歩行者専用道路となっていて、のんびりと歩くことができます。周囲に広がっていた新興住宅地も、閑静な環境で街並みも美しく、住み心地がとても良さそうでした。
しばらく進むと車道に出ました。「絹の道」はまだまだ続いていて、ここから先は車道を歩くことになります。
さらに進んで、道が登り坂に変わると、「絹の道資料館」の前を通って行きます。
車道とはここでお別れして、道標に従って細くなった道に入り、さらに登っていきます。
分岐点には古い石塔群が立っていました。中央が秋葉大権現の石塔で、左右が庚申塔と供養塔です。
はじめ舗装されていた細い道は、人家が途絶えると往時の「絹の道」の姿をとどめた道に変わります。
このあたりは、文化庁によって「歴史の道百選」に選定されているらしい。

最後に石段を登れば、現在は大塚山公園として整備されている道了堂跡に到着となります。
道了堂跡の広場は、鬱蒼とした木々が茂る中でひっそりとしていました。
前の写真の石燈籠や、お地蔵様などは、往時の物が残されているようです。
肝心の道了堂は、さまざまな曲折を経て解体撤去され、基礎部分だけを残している状態でした。
三角点は、道了堂跡の奥の一番高い場所にありました。
ここが大塚山公園である以上、山としての名前は大塚山に違いなかろうと思われるので(個人のウェブにはそう表現したものも多く見受けられます)、この記録でもここを大塚山の山頂とすることにしました。
三角点のある大塚山の山頂から、道了堂跡の全景を振り返りました。

大塚山公園を後にしたら、あとは下るだけです。
下り始めは長い階段が続く急斜面となっていて、階段の前に立つと景色が開けました。
見えていたのは、奥多摩などの山々や八王子市街の展望です。
下の写真は山名ガイドを入れた縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
階段を下ったら、片倉駅へ向かうのが一般的で、「絹の道」の続きも概ねその方向らしいのですが、今回は八王子バイパスの上を渡って八王子みなみ野駅を目指します。
住宅地を抜けて片側2車線の道路に出たところに、「片倉高校前」バス停があります。ここから八王子・八王子みなみ野・橋本・北野の各駅へ、いずれも頻繁にバスが出ているのですが、もう少しなので歩いてしまいます。
20km以上の距離を歩いたのは久しぶりで、しかも今回は舗装路などの硬い路面が大半を占めていたからか、最後のほうは歩くのが結構辛くなっていましたが、どうにか八王子みなみ野駅まで歩き通しました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

吾妻山 [東京・神奈川(平野部)]

2015/02/11(水・祝)

■第300回 : 吾妻山(136m)


300回を目前にして、体調不良の日が多くなって、1ヶ月ほど足踏み状態が続いてしまいました。
この日も本調子ではなかったので、お散歩気分で歩ける軽めのメニューとして選んだ行先は、超低山の吾妻山。

この時期、吾妻山では、菜の花越しに見られる富士山の展望が見どころとなっているのです。
先週が最盛期だったようですが、まだまだ満開が続いていて、ほぼ期待通りの景色を楽しむことができました。
先週まではイベントが開かれていましたから、それが終わった今のほうが、静かに楽しめたのかもしれません。

(往路)
大沼 07:03-07:14 相模大野 07:21-07:51 秦野
秦野 08:00-08:28 中里

(登山行程)
中里バス停 08:30
釜野口   08:40
吾妻山   09:00-09:20
吾妻神社  09:25
浅間神社  09:30
二宮駅   09:45

(復路)
二宮 09:58-10:20 藤沢 10:34-10:55 相模大野
相模大野 11:05-11:15 市営斎場入口


大きなマップで見る

小田急線秦野駅からJR東海道線二宮駅行きのバスに乗って、終点近くの中里バス停で下車します。
中里バス停の近くには「中里口」という登山口がありますが、そこから登ると道路ばかりを歩くようになってしまうらしいので、別の登山口を目指して釜野隧道の前まで歩いて来ました。
釜野隧道のすぐ脇から分岐する道を、吾妻山を案内する標識が示していました。ここが「釜野口」のようです。

はじめ舗装されていた道は、すぐに山道に変わります。いくつかある吾妻山の登山コースの中で、このような山道を歩けるのがここだけのようなので、それでわざわざこのコースを選んだのでした。
なかなか感じの良い山道です。なにしろ100mそこそこしかない山ですから、それで山道を一切歩かなかったら、山に登ったという気分など全く感じないまま終わってしまいそうなので、ここは貴重な区間でした。
少し開けた地点に出ました。ここは地面にほとんど緑がなくて、少し寒々とした印象だったのですが、あとで案内図を見たら「シバザクラ園」だったようです。見頃の時期にはきれいな景色に変わるのでしょうね。
ほとんどの樹木が冬枯れしている中で、1本だけ満開の花を付けた紅梅がありました。

シバザクラ園を過ぎると、木段を登るようになります。
ここが一番きつい坂だったようですが、そもそもが低山ですから、木段もさほど長くは続きません。
ほどなく遊歩道に迎えられると、もうすでに吾妻山公園の一角に入ったようでした。
ほとんど汗もかかないうちに、目の前には山頂が見えてきました。この上が展望台のようです。

山頂の展望台に立って、真っ先に見たのが富士山でしたが、ちょっと雲がかかっていて残念な姿でした。
西側には、箱根の山々が並んでいました。ただし、この日は遠くまでスッキリと望むことはできず、伊豆半島はうっすらと見える程度。どうにか見えていた天城山も、写真を縮小するとほとんど分からなくなります。
下の写真は山名ガイドを入れた縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
そして北側には丹沢の山々。真冬のまだ朝早くなのに、空が白っぽかったのは少々期待外れでした。
下の写真は山名ガイドを入れた縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。

山頂標柱は、展望台の一段下に立っていました。
しばらく三角点を探しましたが、なかなか見つかりません。諦めかけた頃になって、山頂標柱の後ろで、ほとんど埋もれるようにしているのを発見しました。これは近寄らなければ見つけられないわ。
山頂一帯は芝生広場となっています。暖かくなれば一面の緑になるのでしょうね。
それでは、いよいよ菜の花畑に向かいましょうか。

楽しみにしていた、菜の花越しの富士山ですが・・・(写真は冒頭と同じものです)
見えているのが上部だけで、雄大な裾野が隠れているためか、こぢんまりとした印象にとどまって、思っていたほど感動的ではありませんでした(雲がかかっていなければ、少しは印象が違ったかもしれませんが)。
箱根の山々も、菜の花越しに見ておきました。というか、実はあまりパッとしない山の景色なんかどうでも良くなっていて、単純に菜の花の鮮やかな色彩を堪能していた感じです。
これだけ咲き揃っていると、やはりきれいですね。
富士山の雲が取れないかと、少し粘ってみましたが、いつまで待ってもほぼ同じところに雲が居続けています。
ということで、山頂を後にして下山を開始しました。それにしても気持ち良さそうな芝生広場です。

山頂のすぐ下には、吾妻神社があります。古事記ゆかりの歴史ある神社のようで、風格が感じられました。
二宮駅へ向けて少し下ったところからは、浅間神社への道が分かれていたので、そこにも寄ってみます。
こちらの神社は、ささやかな感じの社殿があるだけでした。
浅間神社の裏手ではスイセンが咲いていましたが、さすがに見頃は過ぎていたようです。
第2展望台まで下ってくると、もう二宮駅がすぐ下に見えていました。

最後は階段が続きますが、普段登っているような山にある階段と比べれば、かわいいものです。
階段はすぐに終わって、道路に出ました。ここが「役場口」になるようです。
道路に出たら、二宮駅まではほんの数分で着いてしまいます。
時計を見るとまだ10時前。2時間にも満たない、あっという間の山登りでした。
二宮駅のホームから、登ってきた吾妻山を振り返りました。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

一等三角点探訪:高尾山(横浜市) [東京・神奈川(平野部)]

2014/12/19(金)

■第296回 : 高尾山(横浜市・100m)


この日は平日の金曜日。会社のほうは午後半休を取っていたものの、午後もさまざまな用事が山積していて、それらを片付けているうちに、夕方近くになってしまうのが確定していました。
そこで、近場にあって短時間で歩ける場所として、最近その存在を知った、横浜市の高尾山に行って来ました。

この高尾山は標高がたった100m。顕著な盛り上がり方もしておらず、そこが山という印象は全くありません。
なのに、地形図でも、Googleマップでも、しっかり「高尾山」と表示されるのは、そこに一等三角点が設置されているからでしょうか。市街地の中にありながら、三角点の設置場所らしく、展望もなかなかのものでした。

(往路:外出先から)
町田 15:41-15:47 長津田 15:50-15:53 すずかけ台

(登山行程)
すずかけ台駅 15:55
高尾山    16:15-16:25
南町田駅   16:45

(復路)
南町田 16:48-16:54 長津田 17:02-17:12 古淵


大きなマップで見る

東急田園都市線のすずかけ台駅に着いたのは午後4時前で、明るいうちに歩けるギリギリのタイミングでした。
本当はあと30分くらい早く着くつもりだったのですが、あちこちで予定が押してしまい、結果こんな時間に。
すぐに、国道246号線を歩道橋で渡ります。

国道を渡った先には、意外にも緑の多いエリアが広がっていました。
アスファルトで舗装されているのが残念ですが、まずまず気持ち良く歩ける道です。
その後は、東工大の敷地の外周に沿って進みます(左手のフェンスの内側が東工大のすずかけ台キャンパス)。
二車線の道路に出たら、そこは思いのほか交通量のある道路でした。
この道路の先に高尾山への入口があるのですが、すぐに左折して1つ手前の路地に寄り道していきます。
手前の路地から見た高尾山付近です(写真中央で鳥居が写っているあたり)。
目の前の畑の中を突っ切っても行けそうですが、私有地に入るのは遠慮して、一旦先ほどの道路に戻ります。

左に分岐する登り坂が、高尾山への入口です。坂らしい坂はここだけだったかも。
1つ前の写真にも写っていますが、きちんとした道標が立っていました。
高尾山は横浜市の選定による「長津田十景」に選ばれているので、それで道標も整備されたのでしょう。
すぐに坂を登り切ると、もう高尾山は目の前でした。写真中央でこんもりと盛り上がっている場所です。
左手は畑、右手は雑木林になっていて、奥には東工大の校舎が見える、というロケーションです。
山頂には飯縄神社があり、由緒が書かれた案内板によれば、八王子市の高尾山薬王院から飯縄大権現を勧請したものとのこと。それで、本家と同じ名前で呼ばれることになったのでしょう。
景色の良い側を向いて2脚のベンチが置かれ、その近くに一等三角点が埋まっていました。
「長津田十景」の案内板です。「暮雪」という言葉は初めて知りましたが、夕暮れに見る雪景色を意味しているらしい。時間はピッタリだけど、景色の中で雪を抱いているのが富士山だけというのが惜しいところです。

その景色がこちら。丹沢の山並みを一望し、その上には富士山も顔を出しています。その左に見えているのが箱根の山々なのは想像が付きましたが、右のほうに見えていたのは、なんと大菩薩あたりだったようです。
下の写真は山名ガイドを入れた縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
計って来たわけではなかったのですが、ちょうど日が沈もうとしていたので、日没まで待つことにしました。
1つ前の写真では、富士山に少し雲がかかっていたのですが、こちらの写真ならば分かりやすいと思います。
下の写真は縮小版で、大きな写真は こちら です。
完全に日が沈み、山並みがシルエットになるのを見届けたら、暗くなる前に駅に着くよう、行動を再開します。

来た道をそのまま戻らずに、帰りは南町田駅を目指すことにします。
車道を歩くのも味気ないので、高尾山入口の向かい側にある細い道に入ります。
この道も、舗装されているのが残念ですが、畑の中を進んでいく、のどかな雰囲気の道でした。
いよいよ暗くなってきました。
細い道にこだわって進んでいくと、ほんの短い間でしたが、中には土の上を歩ける場所もありました。
住宅地に入ってからも、車が通らないような道を選んで進んでいきますが‥‥
国道16号と246号の交差点付近に出ると、さすがにここから先は車道を歩くしかなくなりました。

南町田駅が近付いて、グランベリーモールが見えてきました。
なんとか、暗くならないうちに南町田駅に着きました。この日は特別な用意もせずに、普段着のままで歩いてきましたが、行動時間は正味40分ほどで、登り下りもほとんどなく、単なる街歩きと変わらない感覚でした。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | - 東京・神奈川(平野部) ブログトップ