So-net無料ブログ作成
検索選択

美ヶ原が公共交通で日帰り困難に [雑感]

2015/07/26(日)

美ヶ原が公共交通で日帰り困難に

タイトルを検索サイト等でご覧になって来られた方には申し訳ないですが、本題の前に少しだけ近況報告をさせて下さい。
デスクワークに支障する程ではないのでお仕事は休まずに済んでいるものの、山を歩くとなると少々不安、という微妙な体調が続いて、今月も山行なしが確定してしまいました。 しばらく未更新でいると、心配して下さる奇特な方もいらっしゃるので、今回はバス路線ネタで更新させて頂きます。
 
美ヶ原がついに今年、路線バスの利用では、事実上日帰りが困難になってしまいました。
 
美ヶ原といえば、押しも押されもしない日本百名山の一座です。
頂上まで交通機関が通じているので、霧ヶ峰(車山)と並んで最も登頂しやすい百名山としても知られています。
広大な頂上台地いっぱいに草原が広がる伸びやかな景観や、北・中央・南すべての日本アルプスをぐるりと見渡せる大展望は、登山に関心がなくても魅力ですから、アクセスの良さもあって一般的にも人気のある観光地です。
 
私も2008年に訪れていて、その日は空が霞んでいて展望は楽しめなかったのですが、深田久弥が著書「日本百名山」の中で、草原が果てしもなく、「さぁ、どこでも勝手にお歩きなさい、といった風に続いている」と記している景色の中を歩くのは、とても印象深いものでした。
もっとも牧場がある今、自由に闊歩できるのは牛さんだけで、人間が通れるのは牧柵の外の通路に限られますし、仮に牧場がなかったとしても、植生保護の観点から、いずれは歩ける場所が制限されることになったでしょう。
 
それほどの観光地ですから、元々はバス路線も充実していたのです。
私が山を始めたのが2005年ですので、それ以前の情報は持っていないのですが、2005年時点では、下図の青実線・青破線合わせて5系統もの路線が運行されていました。
 
ところが、その後はいずれの路線でも減便や運行期間の縮小が急速に進み、その結果として廃線が相次いだことで、早くも7年後の2012年には青実線の1路線が存続するだけになります。
そして、昨年まで朝夕2往復が残されていたその最後の路線も、今年ついに1日1往復になってしまいました。
1往復といっても、朝行って夕方帰ることができれば、使い勝手はそんなに変わらないのですが、先日発表されたダイヤにはさすがに驚かされました。なんと、現地での滞在時間を2時間しか取れない糞ダイヤだったのです。
 
その、問題の運行ダイヤがこれです。
  
松本バスターミナル10:35
三城荘前11:31
扉山荘前11:48
美ヶ原高原美術館12:13
  
美ヶ原高原美術館14:15
扉山荘前14:38
三城荘前14:55
松本バスターミナル15:55
 ※運行日:2015年8月1日~16日(年間16日間)
 
たった2時間の滞在では、ほとんど何もできません。
 (昨年の2往復ダイヤでは6時間以上の滞在が可能だったので、あまりの変貌ぶりに開いた口が塞がりません)
終点まで乗って行くと、目の前の美ヶ原高原美術館を見て回るのがせいぜいで、食事する時間もないでしょう。
健脚ならば少し手前の山本小屋で降りて、美ヶ原の頂上である王ヶ頭まで往復できるかもしれませんが、着いた途端に引き返すような慌ただしい行程となりますし、途中の三城荘前から王ヶ頭を往復しようにも、標準コースタイム通りの時間をかけてしまうと、帰りのバスには間に合いません。
 
これではもう、日帰り客の利用はほとんど見込めないでしょう。運行期間が8月上旬だけに短縮されて、昨年より格段に不便になったというのに、宿泊客くらいしか利用しないとしたら、利用者のさらなる激減は明らかです。
せめて滞在時間をあと1時間でも伸ばせれば、日帰りでもそこそこの観光ができるようになって、利用者も増やせると思われるのに、そうしなかった理由は一体どこにあるのでしょう。
 
ちなみに私が美ヶ原を訪れたのは2008年の1度だけですが、このエリアの周辺には美ヶ原に劣らない魅力を持った山々が多く、その後も鉢伏山(2010年)、三峰山(2012年)、三峰山~鉢伏山縦走(2013年)といった山行の折に、この路線バスを利用してきました。
2010年以降はすべて片道での利用でしたが、今年のダイヤで同じように利用できるかというと、朝の便はこれから登山を始めるには遅すぎますし、帰りの便は逆に早過ぎて間に合わせるのが難しそうなので、ダイヤが改正されない限り、たとえ片道でも利用することはないと思います。
三峰山に登るには、少なくとも行き帰りのどちらかでこのバスを使わないと難しいので、美ヶ原とともに公共交通利用での登頂困難リストに仲間入りです(鉢伏山だけならば、西側の松本・塩尻市街を走るバス路線を足掛かりにできるので、工夫次第でまだ登れそうなのがせめてもの救い)。
 
今のところ最後の利用となっている2013年、朝の下り便に乗車した時は、途中のバス停で乗客を降ろすたびに「帰りのバスは**時**分に来ますから、遅れないように」と運転手が言葉をかけていて、当時から日帰りの往復客を主なターゲットと認識していた様子が窺えたのです。
その大切な日帰り客を自ら手放すような、自殺行為にも等しいダイヤ改正をなぜ行ってしまったのか、もはや取り返しのつかない状況に至ったと感じているのは私だけでしょうか。
 
(おまけ)廃止された扉峠バスのバス停。扉峠は、今年も上記の松本からの路線が1日1回通りますが、これは廃線となった霧ヶ峰・白樺湖方面のバス停で、なぜか撤去されずに錆びるままになっていました(撮影は2013年)。
 
■ 資料編
 (1) 松本バスターミナル-美ヶ原高原美術館線(アルピコ交通バス (2010年までは松本電鉄バス))
    
便数運行期間(だいたいで不正確)
2005年3往復(7/16~8/28は5往復)4/29~10/30の土休日、GWと7/16~10/10は毎日
2006年3往復(7/15~8/27は5往復)4/29~10/29の土休日、7/15~10/29は毎日
2007年3往復(7/14~8/26は5往復)4/29~10/28の土休日、7/14~10/8は毎日
2008~2009年3往復4/29~5/6の毎日、7/19~8/24の毎日(2008年)
2010~2011年2往復5月~8月の土休日、夏休み期間の一部は毎日
2012~2014年2往復7/14~7/29の土休日、8/4~8/16の毎日(年間20日)
2015年1往復8/1~8/16の毎日(年間16日)
 
 (2) 松本バスターミナル-美ヶ原高原線(松本電鉄バス)
    
便数運行期間(だいたいで不正確)
2005年2.5往復(7/17~8/22は5往復)4/29~10/30の土休日、GWと7/16~10/10は毎日
2006年2.5往復(7/15~8/27は5往復)4/29~10/29の土休日、7/15~10/9は毎日
2007年3往復(7/14~8/26は5往復)4/29~10/28の土休日、7/14~10/8は毎日
2008年3往復4/29~5/6の毎日、7/19~8/24の毎日(2008年)
2009年不明(2008年と変わらなかったと思われる)
2010年廃止
 
 (3) 上田駅-美ヶ原高原美術館-山本小屋線(千曲バス)
    
便数運行期間
2005年2往復7/30~8/28の毎日
2006年2往復8/1~8/20の毎日
2007年2往復8/4~8/19の土休日(年間6日)
2008年1往復8/2~8/17の土休日(年間6日)
2009~2010年1往復8月上旬の土休日(日数不明)
2011年1往復8月上旬の土休日(年間4日)
2012年廃止
 
 (4) 東白樺湖-美ヶ原美術館線(諏訪バス)
    
便数運行期間
2005年1往復
+区間便1往復
7/9~8/28の土休日、8/15,16
(区間便は強清水-美ヶ原美術館間を運行)
2006年0.5往復(東白樺湖発)
+区間便0.5往復
7/22~8/27の土休日、8/14~16の毎日
(区間便は美ヶ原美術館→強清水間を運行)
2007年廃止
 
 (5) 上諏訪駅-美ヶ原美術館線(諏訪バス)
    
便数運行期間
2005年運行なし
2006年1往復7/22~8/27の土休日、8/14~16の毎日
2007年廃止

タグ:雑感
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

山行計画も立てられる登山地図サイト「ヤマタイム」がサービス開始 [雑感]

2014/07/20(日)

山と溪谷社のウェブサイト「ヤマケイオンライン」に、登山地図を閲覧でき、山行計画まで立てられる「ヤマタイム」が開設された

7月15日、山と溪谷社のウェブサイト「ヤマケイオンライン」内で、登山ガイドブック「ヤマケイ アルペンガイド」に収録されている登山地図が閲覧でき、 簡単な操作で山行計画まで立てられる「登山地図&計画マネージャ “ヤマタイム”」というサービスが開始された。
   http://www.yamakei-online.com/special2/yamatime.php
 
これまで、登山道が明記された、いわゆる「登山地図」は、各山域の自治体や観光協会等のサイトに点在している程度だったが、 ついにオンラインで、書籍として出版されているガイドブックと同じ精度の情報が閲覧できるようになったのだ。
 
今のところ、日本アルプスなどガイドブック6冊分の山域の情報からスタートしているが、近日中に東北・関東・甲信越エリアが追加されることになっており、その後は収録エリアが全国に広がっていく模様だ。
各山域の登山道は、国土地理院の数値地図をベースにした画面で、スクロールや拡大縮小を行いながら見ることができるので、操作感は国土地理院の「地理院地図(電子国土Web)」、「カシミール3D」の地図画面、グーグルマップなどと何ら変わらない。
 
現在の収録エリアは、下記画面(実物を50%に縮小)でオレンジ色の枠に囲まれた範囲で、北・中央・南の各日本アルプスのほか、富士山、八ヶ岳、御嶽山、白山となっている。
 
登山地図は、例えばこんな感じで表示される(北八ヶ岳にスクロールしてみたところ。下の画像は50%に縮小してしまったが、実物は見やすい)。
登山道とコースタイムのほか、見どころや注意箇所、さらにトイレの所在など、ガイドブックの地図とほぼ同程度の情報が掲載されているのが分かる。 こうなるともう、出版物との違いは解説文の有無くらいになってしまうのではないだろうか(もちろんその中には、登山適期・花期などの説明や交通アクセスなどの重要な情報も含まれるが)。
地図中の注意マーク(「!」印)をクリックすれば、このように注記がポップアップで表示される(ポップアップ部分は原寸大のものを重ねてみた)。
 
登山地図の閲覧だけでも十分に画期的なことだと言えるのだが、このサイトがさらに優れている点は、地図上で山行計画が簡単に立てられることだろう。
 
丸印で示されたポイントを次々とクリックして結んでいくだけで、地図上では経路が赤色で表示されるようになり、右側のウインドウには各地点の通過時刻が自動計算で表示される。
出発時刻や任意の地点での休憩時間は自由に設定でき、宿泊施設がある地点では宿泊の指定もできるので、2日以上の縦走にも対応している。
また、初期状態では時刻計算が標準コースタイムを元にして行われるが、そこに任意の倍率(0.95など小数点以下2桁まで指定可)を設定することで、各自のペースを加味した計算を行わせることも可能だ。
これは、なかなか良くできていると言わざるを得ない。
 
試しに、北八ヶ岳ロープウェイの山頂駅を起終点に、北横岳と三ツ岳を周回するコースを組んでみたのが次の画面だ。
この画面を開いてからは、山頂駅 → 北横岳 → 三ツ岳 → 雨池峠 → 山頂駅の順に5回クリックするだけという、超お手軽な仕様であり、これを利用すれば登山計画があっという間に作成できてしまう。
 
ここまではユーザ登録なしでも利用できるが、ユーザ登録すれば、作成したルートを印刷したり、保存した計画をURLで他のメンバーと共有できるようになるほか、山行後は実際の通過時刻を追記したものを登山記録として残せるようになる。
登山記録には、計画との時刻差をグラフで図示する機能などもあって、次回以降に作成する計画をより精度の高いものにできるように考慮されている。
 
なお、上図のようにルート全体が1画面で収まるような場合には、ユーザ登録しなくても、この画面をそのままプリントアウトしたものを山行計画書として利用可能だ。 ベースとなっている地図が、等高線が10m刻みの数値地図なので、高い精度で地形を確認することができ、山行に持参する地図としては「山と高原地図」よりも有用だろう。
実際にはあと1段階縮小しても十分に見られるレベルであり(上の画像が50%縮小なので、ほぼこれと同じ見え方となる)、行程がもう少し長くても、地図はうまく1画面に収められるかもしれない(右ウインドウの行程表は、下にはみ出してしまいそうだけど)。
 
9月には、「丹沢」「奥多摩・奥秩父」の2冊分の情報のほか、陣馬・高尾エリアも合わせて追加される予定らしいので、今からそれを楽しみにしている。それにしても、便利な時代になったものだ。

タグ:雑感
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

地形図を立体表示できる「地理院地図3D」サイト [雑感]

2014/03/21(金・祝)

国土地理院が、地形図を3次元で立体的に表示できる「地理院地図3D」サイトを開設

3月19日、国土地理院が、地形図を立体表示できるサイト「地理院地図3D」を開設しました。
   http://cyberjapandata.gsi.go.jp/3d/index.html
 
単に、これまで平面でしか見られなかった地図を立体化しただけでなく、Google Earth のようにマウス操作でグリグリしながら、視点や角度や大きさを変えつつ見られるスグレモノです!
鳥のようになって上空をぐるぐると飛びながら、思い思いの位置から見下ろすような感覚が味わえます。
 
また、画面上で見られるだけでなく、3Dプリンタ用の印刷データも作成できるので、3Dプリンタを持っていれば、なんと自宅でジオラマ(山岳模型)が作れてしまうのでした。すごい時代になったものです。
こんなの見ていたら、3Dプリンタが欲しくなってしまいそう(笑)。

「地理院地図3D」サイトには、高尾山などのサンプルが用意されていますが、自分でも少し操作してみました。
 
まず、平面の地形図が表示されて、そこで立体表示させたい場所を選びます。富士山にしてみました。

あとは、「この地図を3Dで表示」ボタンを押すだけで、こうなります。

上の画像のように、静止画で見てしまうと立体感は今ひとつですが(※)、実際にはマウスでグリグリと動かしながら眺められるので、地形の凹凸をすごく直感的に把握できます。
 (※それでも、剣ヶ峰が頭ひとつ高い様子とか、宝永山の出っ張りとその手前で宝永火口が凹んでいる様子とか、大沢崩れがすごく深い谷を刻んでいる様子などが、十分に見て取れます)
 
この画像と同じ範囲を表示するには、こちらのリンク からどうぞ。立体画像とともにURLの表示も可能なので、ほかの人と同じ立体地図を共有することができます。
(視点の指定までは加味されていないらしく、上の画像とは違う位置からの眺めで始まってしまいますが)
 
なお、IEは最新版でないと動かないようなので、Chrome か Firefox でご覧下さい。

タグ:雑感
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ