So-net無料ブログ作成
検索選択

ウノタワ・大持山 [奥武蔵・秩父]

2017/06/24(土)

■第355回 : ウノタワ・大持山(1294m)


今回の行先は、奥武蔵の大持山です。約1300mという標高は、この時期に快適に登るには少々低めですが、その代わりに沢沿いを進む区間の多いコースを選んで、少しでも涼しく歩こうと目論んで出掛けてきました。

そして、大持山以上に楽しみにしていたのが、この景色。
そこだけぽっかりと木々を取り払ったようにして現れる平坦地で、山の中に忽然と現れる不思議な異空間、ウノタワです。大持山とともに2006年に1度訪れていて、その時にとても気に入った場所だったので、それ以来ずっと窺っていた再訪の機会を、今回ようやく実現させました。

(往路)
古淵 05:36-05:58 八王子 06:08-06:44 東飯能
東飯能 06:47-06:48 飯能 07:10-08:05 名郷

(登山行程)
名郷   08:10
山中   08:50
ウノタワ 10:15-10:30
大持山  11:05-11:20
妻坂峠  11:50-11:55
山中   12:15
名郷   13:00

(復路)
名郷 13:21-14:10 東飯能 14:36-15:12 八王子
八王子 15:30-15:42 橋本 15:44-15:55 古淵


大きなマップで見る

飯能駅からバスに乗ること約1時間、名郷バス停がこの日のスタート&ゴールです。
なお、飯能がアニメ「ヤマノススメ」の舞台ということで、乗車したのは「ヤマノススメ」のラッピングバス。外観はもちろん、車内もアニメ尽くしで、途中には声優陣による車内放送まであるという力の入れようでした。

今回はアプローチの車道歩きが少々長いコースで、登山口まで1時間以上かけて車道を歩きます。
車道の左手を流れるのは、入間川の最上流部です。沢沿いのこの道は、期待していた以上に空気がヒンヤリとしていて、暑さがほとんど気になりませんでした。
ほどなく三叉路に出たら、右折して林道山中線に入ります。以前(2006年)にウノタワと大持山を訪れた時は、ここを直進して鳥首峠を経由していたので、ここから先は初めて歩く道です。
林道山中線に入ると、次第に傾斜が増していき、さすがに汗をかかされるようになります。
でも、林道のすぐそばに引き続き入間川が寄り添っていて、沢沿いの冷気が暑さをかなり緩和してくれました。
山中のT字路まで来たら、ここからは周回ルート。左に分岐する林道横倉線を登って、あとで直進方向から下ってくる予定です。ところで、このすぐ手前に入間川起点の標柱があったらしいのですが、行きも帰りもスルーしていた模様。ウェブ上の写真で見る限り、見逃しようのない大きさの代物なので、注意力散漫だったのか‥‥。
T字路の近くには、ハイキングコースの案内図が立っていました。
林道横倉線に入ると間もなく右手に、石垣に守られた平坦地が現れます。「山中」という地名が付いているのは、ここにかつて集落があったからに違いなく、現在の地形図でもこの場所には複数の建物記号が見られますが、人家はすでに撤去された後で、残っていたのは作業小屋風の小さな建物だけでした。
相変わらず入間川に沿った道が続いて、空気にはそこそこ冷たさがあるのですが、傾斜がさらに増したことで、いい加減暑さが完全に勝ってしまいます。たまらず、ザックから取り出した扇子を広げて扇ぎながら歩きました。
ようやく林道横倉線の終点に到着しました。この地点で標高はすでに700m台に達していて、バス停から1時間と5分をかけて、ウノタワまでの標高差のなんと半分以上を車道で登ってしまったことになります。
登山口には「ウノタワ入口」の標識が。ここからいよいよ、山道が始まります。

登山道は、引き続き沢沿いを進みます。このあたりが入間川の源流域になりますが、まだ水量が豊富でしたし、ここまでの車道よりも水際の近くを歩けるとあって、少しの間は涼しさが上回って快適でした。
が、登山道になって間もなく現れたこの標識の所で、二又に分かれたうち左の沢沿いに進路が変わります。右の沢のほうが水量が多いようだったので、たぶんそちらが本流なのでしょう。名郷バス停から一貫して入間川の本流を遡ってきましたが、ここからは支流沿いの道に変わり、途端に水量が減って、涼しさも大幅減となりました。
そんな支流沿いの道も長くは続かず、ほどなく現れる次の標識の所から、登山道は尾根道に変わります。
そして、その尾根道が、なかなかの急勾配でした。沢沿いの涼しさからは見放され、しかも急登の連続で暑さ全開。こうなるともう、なかなか足が前に進まず、ここで一気にペースが落ちました。
ふと登山道の脇を見れば、立派なブナの大木があったり、沢筋では岩という岩が綺麗な緑色に苔生していたりして、なんとも心癒やされる景色です。でも急な登りが苦しくて、あまりそれを楽しむ余裕はありませんでした。
ただでさえ急登なのに、地面がこのようにザレていて踏ん張りが効かず、余計に体力を消耗させられました。

ほとんど緩むことのなかった急登に耐えること約50分、ようやく尾根に乗り上げると‥‥。
まず、「ウノタワの伝説」という解説板のお出迎えを受けます。
解説板を通り過ぎるとその先に、木立の間からそれらしい空間が見えてきました。

11年ぶりの再会となったウノタワは、11年前の記憶とほとんど変わっていないように思われました。
山の中に、これだけの広さの平坦地が忽然と現れるのは、なんとも不思議な感じです。
居合わせる人は誰もなく、心安まる景色を静けさの中で存分に味わえる、まさに至福の時を過ごせました。
平坦地に足を踏み入れると、あたり一面が苔と草に覆われて、地面はフカフカです。かつて池だったことから、大木がないのは分かるけれど、池でなくなった現在も樹木が根付いている様子がありません。足裏から伝わるフカフカの感触から想像すると、今なお湿地帯のような環境にあって、樹木の生育には適していないのでしょう。
鳥首峠と大持山を結ぶ尾根道は、ウノタワを横断した先にありました。分岐点でウノタワを振り返っています。
湿地帯っぽいウノタワは、あまり踏み荒らさないほうが良さそうに思えたので、分岐点の近くで休憩していきます。尾根上だからか、ここは風の通りが良くて、しかもその風が意外なほど涼しかったのが、急登で火照った身体には有難く、それまでの暑さをここで一旦リセットできたような感じでした。

ウノタワを後にして大持山へ向かうと、その取り付きは再び急登となりました。ここから大持山までは2006年にも歩きましたが、なにぶん11年も前のこと、分岐点などを除いて、途中の山道の記憶はほとんどなかったです。
最初の急登を終えると傾斜が緩んで、気持ち良く歩ける穏やかな尾根道に変わります。と同時に、その周囲も美しい雑木林に変わりました。そう、大持山の周囲は、植林帯が大半を占める奥武蔵の山々にあって、雑木林が多く残された希有なエリアとなっているのです。ウノタワに劣らず、このあたりも素晴らしい景色でした。
ということで、しばらくはそのウットリするような美林をお楽しみ下さい。ウノタワといいこのあたりといい、また季節を変えて来てみたくなりました。秋の景色なんかもきっと素敵なのでしょうね。
緩やかな尾根道はこの横倉山でおしまい。2006年に訪れた時は何もなかったピークで、樹木に括り付けられた私製の山名標を見送ると、その先にはまたまた急登が待っていました。

妻坂峠への分岐点まで来れば、大持山の頂上まではもうひと息。下山時はここから妻坂峠に向かう予定なので、この先は大持山までの間が往復になります。
分岐点では東側が開けていて、2006年には展望が楽しめたのに、この日は雲が多くて、眺めも今ひとつでした。
それでも近い範囲はある程度見えていたので、一応写真を撮っておきました。
  ※下の写真にマウスを乗せると山名ガイドを表示します。
大持山への最後の登りです。このあたりの傾斜は比較的穏やかでした。

大持山の頂上は狭くて、ここに写っている範囲がほぼ全てでした。
ベンチもありませんでしたが、ほかに誰もいないので、三角点に腰掛けて休憩します。
景色は西側が少しだけ見られましたが、上空には青空も見えるのに、低い所に雲が多くて周囲の山々はほとんど見られません。でも展望こそ楽しめなかったものの、思いのほか気温が低くて過ごすのはとても快適です。1300m程度の標高だから、日中になれば暑くなるものと思っていたので、これは嬉しい誤算でした。

大持山から分岐点まで引き返したのち、妻坂峠への道に入ると、緩やかな傾斜の歩きやすい尾根道が続きます。
このあたりの景色もなかなか綺麗で、とても気持ち良く歩けますし、緩やかなのですこぶる快調に下れます。
途中から急坂に変わり、少々滑りやすくなったりもしましたが、歩きにくくなる程の箇所はありませんでした。
妻坂峠には、大持山から30分で到着しました。標準コースタイムが70分ですから、その半分もかからなかったことになりますが、別に走ったりした訳ではなかったので、コースタイムの設定が甘めなのでしょう。
ここは登山道が十字に交わる交差点。ほんの5分休んでいる間にも、何人もの登山者がそれぞれ違う方向からやって来ては通り過ぎていきました。
妻坂峠に置かれていた石仏です。近くには、延享4年(1747年)の物だと書かれた私製の解説板もありました。

妻坂峠で、武川岳方面や生川方面の道を見送って右折すると、そこから先は植林帯の斜面にへばりつくような細い道。ここまで歩いてきた道とはガラッと雰囲気が変わって、大きなジグザグを描きながら下ります。
しばらく下ると沢筋に出て、そこからはその沢に沿ってほぼ真っ直ぐ進むようになります。
はじめ涸れていた沢に小さな流れが現れ、次第に水かさが増していくと、やがて前方に林道が見えてきました。
林道の終点に出たところから、登山口を振り返りました。

この林道は、今朝歩いていた山中線です。先程は途中の山中集落跡から横倉線に入ってしまいましたが、その分岐点まで5分ほどの距離しかないので、あとは名郷バス停まで、ほぼずっと今朝の逆回しの景色が続きます。
終点付近は勾配がなかなかきつく(そのためか、しばらく簡易舗装でした)、足への衝撃が結構こたえました。
でもすぐに、見覚えのある山中集落跡の分岐点に出て、ここからは傾斜も穏やかになります。
あとは今朝歩いた道を戻るだけ。朝のうちほとんどが日陰だった沢底には、午後になって日が差すようになっていましたし、気温も上がっているはずですが、それでも沢沿いだけに涼しく歩くことができました。
バスの時間には余裕があったので、バス停の少し手前で入間川の川原に降りて、着替えなどをしつつ時間調整します。ここは大鳩園というキャンプ場の入口付近に当たるようで、この奥にはバンガローなどが並んでいました。
名郷バス停に着いたら、ちょうど折り返しとなるバスが到着したところ。すぐに飯能駅行きの設定をしてくれたので、早めに乗り込んだのですが、車内が暑かったので(エンジンを切っていたため冷房が止まっていて、乗降口も全開でしたし)、結局はまた外に出て発車時刻を待つことになりました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

御在所岳 [関西]

2017/06/03(土)

■第354回 : 御在所岳(1212m)


この日の行先は、三重と滋賀の県境をなす鈴鹿山脈の盟主、御在所岳。花崗岩が露出する荒々しい山肌が、標高が低いながらもアルペン的雰囲気を存分に醸し出して、登山者を魅了している山です。
頂上ではほぼ360度の展望が得られ、観光地でもある湯の山温泉からロープウェイを利用することで、労せずしてその大展望を楽しめることから、多くの観光客も訪れています。
今回は、険しい岩場でちょっとしたスリルを味わいながら、様々な巨岩が現れて目を楽しませてくれる中道コースを登り、沢沿いの裏道コースを下る形で、周回コースを組んで歩いてきました。

(往路)
古淵 05:15-05:41 新横浜 06:00-07:24 名古屋
名鉄バスセンター 07:55-09:02 三交湯の山温泉

(登山行程)
三交湯の山温泉バス停 09:05
中登山道口      09:45
山上公園       11:50
御在所岳       12:05-12:25
山上公園       12:35
国見峠        12:50
藤内小屋       13:30-13:40
湯の山温泉駅     14:20-14:30 (御在所ロープウエイ)
三交湯の山温泉バス停 14:35

(復路)
三交湯の山温泉 14:45-14:52 湯の山温泉 14:59-15:25 近鉄四日市
近鉄四日市 15:28-16:03 近鉄名古屋 → 名古屋 16:26-17:51 新横浜
新横浜 17:58-18:23 古淵


大きなマップで見る

今回は、新幹線を名古屋で下車したのち、珍しく高速バスを利用するため、名鉄バスセンターに移動しました。
名古屋と湯の山温泉を結ぶこの路線、高速道を経由することから一応は高速バスに分類されているものの、高速道を走っている時間なんて30分あるかどうか、目的地までも約1時間で到着してしまう短距離路線です。
それゆえか、事前の予約制度がなく、運賃も現金のほか交通系ICカードで支払えたりと、使い勝手は路線バスと全く同じ。鉄道と路線バスを乗り継ぐより200円ほど割高なのですが、観光バス仕様の車両で乗り心地が良さそうなので、快適性を重視して往路では敢えてこちらを選びました。(なお乗車時に、御在所ロープウェイや日帰り入浴などの割引券をもらえるため、それらを上手く利用すると、その割高分をあらかたチャラにできるようです)
バスセンターからの乗客数は20~30人といったところで、席にはまだまだ余裕がありました。その中で、乗り場に2番目に並んで待っていたので、最前列に座って前方の景色を楽しみながら移動できています。
バスは定刻で三交湯の山温泉バス停に到着しました。ここから時計回りの周回コースで御在所岳を巡ります。

はじめは、旅館や土産物屋などが点在する温泉街の中を進みます。
温泉街の外れまで来たところで、大石公園の公衆トイレを利用しました。
その後は沿道の建物も減って、やや単調な車道歩きに。しかも結構な坂道で、ここでひと汗かかされました。
ここでようやく舗装道路から離れて、山道を歩けるようになります。
鈴鹿スカイラインの下をくぐって、その先に見えてきた鉄階段を登ったところが‥‥
御在所岳・中道の登山口でした。近くに駐車場があるので、ここから人が増えた感じです。

登山道は、序盤から花崗岩が露出した荒々しい斜面をグイグイと登っていきます。手を添えて登るような箇所も結構あって、雰囲気は多分にフィールド・アスレチック的です。
時にはアクロバット的な動作を要求されたりしますが、楽しく登れるのであまり苦にはなりません。ただ、度々の大きな腿上げで筋力が酷使される感じがあって、疲れを溜めないよう意識的にペースを抑えて登りました。
御在所岳の頂上はまだ遙か上に見えます。頂上の真下に写っている白い鉄塔状のものは、ロープウェイの支柱。
たまに、土の上を歩ける穏やかな雰囲気の区間が現れるとホッとします。
ほどなく、ロープウェイの索道の直下を通る地点に出ると、下界の方向が開けました。写真では分かりにくいですが、市街地の先には伊勢湾が見えてきています。
登るにつれて、登山道の周囲には巨岩が増えていきます。珍しい形をしたいくつかのものには名前が付いていたりして、アトラクション的な感覚を味わうことができ、視覚的にも楽しめる登山道でした。

名前が付いている最初の巨岩は、4合目への到着とともに現れました。
それがこの「おばれ岩」。「負ばれ岩」とも書き、巨岩同士で「おんぶ」している様子から名付けられたとか。
登山道ももちろん、岩道を歩く区間がほとんどになっています。
5合目まで来ても、御在所岳の頂上はまだまだずっと高い所に見えていました。
5合目でも下界の展望が開けていました。この写真なら、伊勢湾が見えている様子が伝わるでしょうか。
続いて現れたのがこの「地蔵岩」。近くから見ているうちは、あまり大きな驚きはなかったのですが‥‥
少し登った所から見下ろしてビックリ、まさか、こんな具合になっていたとは。自然の成り行きでこうなっていることがまず不思議ですし、よくもまぁ、こんな状態でバランスが保たれているものです。
この、いかにも岩山という風貌の頂上に、少しずつ近付いていることで、ますます気分が盛り上がります。

さて、難所とされる「キレット」までやって来ました。この先に、少し険しい岩場の下りが控えているのです。
下り口まで来てみたら、なんだか渋滞していて、一向に先に進まなくなりました。
てっきり狭い岩場ですれ違いに時間がかかっているのかと思ったら、単になかなか下れないグループがいるだけではないですか。風が強かったので、開けた場所で立ち止まっていると身体が冷えてしまい、みんなで「寒い寒い」と言いながら、そのグループが下り終えるのを待っている状況でした(立ち往生は10分くらい続いたかと)。
そのグループさえ下れてしまえば、後続の人たちは割とスムーズに通過して、すぐに自分の番になります。実際に下ってみたら、クサリを使う必要も、斜面側に向き直る必要もなくて、特に難しくは感じなかったのですが、足場がいくらか離れている箇所があったので、身長が低い女性の方などには少し不利だったのかもしれません。

大岩の間を縫うような道を、ひたすら登り続けます。
7合目は「カモシカ広場」でした。1日を通して、カモシカには会えなかったけれど。
登山道はずっとこんな感じ。楽しんで登れてはいますが、これだけ続くと足が重くなってきました。

8合目は「岩峰」です。
いくつもの大岩が折り重なるようにして、岩峰を形成していました。
岩峰は右に巻いて進みますが、その際に下がスッパリと切れ落ちた、高度感のある岩のテラスを通過します。ここはクサリを伝うことで、危険を感じない程度にスリルだけを味わいながら歩けるようになっていました。
  ※少し先にも同様のテラスが見えていて、下の写真にマウスを乗せるとその場所を黄色い円で示します。
上の写真で少し先に見えているテラスです。そこは広さがそこそこあって、上に立ってもあまり怖くなさそう。
先のほうのテラスに着いて、通過してきた手前のテラスを振り返りました。
  ※手前のテラスは、2つの狭いテラスが連続していて、下の写真にマウスを乗せると通過経路を示します。

その先も、少しきつい登りがしばらく続いたのち、割と唐突に遊歩道に出ました。
このあたりはもう山上公園の一角で、ロープウェイで登ってきたらしい観光客も加わって、一気に人が多くなります。遊歩道を進んでいくと、ほどなく前方に頂上付近が見えてきました。
山上公園内では一旦少し下ることになって、鞍部にあるレストラン「アゼリア」などの前を通っていきます。
レストランの前を過ぎると再び登りに変わって、最後はスキー場のゲレンデを登っていきます。
ゲレンデを登る途中で振り返った景色です。見えているピークには登っていませんが、そこにロープウェイの山上公園駅があって、そこからさらに観光客向けのリフトが、今まさに目指している頂上まで運行されています。

御在所岳の三角点ピークに到着しました。ひときわ目立つ三角点の標識前は、写真の順番を待つ人でいっぱい。
時間的には前後しますが、ほかの人が入らない三角点標識の写真を撮れたのは、最高点を往復した後でした。
ところでこの標識、記載内容には問題があります。三角点の標高は1209.41mなのに、標識には最高点の標高らしい1211.95mが書かれているのです。これが単に御在所岳の頂上を示す標識ならば、すぐ近くにある最高点の標高を書きたくなる気持ちもまだ理解できますが(個人的にはそれも間違いだと思いますが)、「三角点の標識」である以上、三角点自体の標高を書くべきではないでしょうか(別の地点の標高を三角点の標高にすり替える理由が分かりません)。しかも北緯・東経の値も国土地理院の観測値と全然違っていて、もういろいろと意味不明。
先に書いてしまいましたが、御在所岳の最高点はこの三角点ピークではなく、少し奥に見えているもうひとつのピークで、三角点ピークからはほんの1~2分で歩ける距離にあります。

というわけで、きっちり最高点ピークにも訪れておきました。
これこそ、1212mを正当に名乗る権利があるのに、三角点標識に遠慮してか標高には触れず謙虚な標識でした。
最高点ピークから、三角点ピークと、ロープウェイの駅があるピークなど、山上公園一帯を振り返りました。
最高点では、ほぼ360度の大展望を楽しめて、「望湖台」という名の通り琵琶湖を望むこともできました。なお、ここは一般に「望湖台」と紹介されているだけで、最高点であることは積極的には案内されていないようです。

まず最初の展望写真は、伊勢湾を見下ろす東南側。先程までいた三角点ピークなども見えています。
  ※下の写真は縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
次いで、琵琶湖や雨乞岳などを見渡せた西側の展望です。
  ※下の写真は縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
そして北側には、鈴鹿山脈北部の代表格である御池岳や藤原岳が見えていました。
  ※下の写真は縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。

最高点から山上公園内を引き返して、下山はここから裏道コースに入ります。
裏道コースを下り始めて10分ほど、十字路になっている国見峠を右折すると、そこから下りが本格化します。
裏道コースも、岩が露出した道をグイグイと下る具合です。中道のような険しさはなく、アクロバット的な動きを要求される箇所もありませんが、決して穏やかな下りではないので、楽には歩けません。
下ってきた岩道を振り返りました。足の置き場を慎重に選んで歩くような場所が随所にあって、得手不得手が分かれそうな道です。今回、中道の登りではペースを抑えたこともあって、後続の人に先を譲ることも多かったのですが、こういう下りには慣れているので、先行者を次々と抜かして快調に下って行きます。
ここで沢を横断すると、対岸にも同じような岩道がずっと続いていました。
グングン下ってしまったことと、道の様子にさほど大きな変化がなかったこともあって、あまり写真を撮らないうちに藤内小屋の前まで下ってきました。
藤内小屋は建物が何棟もあって、結構立派な小屋でした。神経を遣う岩道の下りをすっ飛ばしてきたことで、下りなのに大汗をかいていたので、小屋の前のベンチで少し休ませて頂きます。

藤内小屋を過ぎると、しばらくは林間の穏やかな道を歩くことができます。
このような木橋も何度か渡りました。
ほどなく、行く手に大きな砂防堰が現れて、道の続きが途絶えたようになります。ここは砂防堰の中を突破するのが正解なのですが、事前にヤマレコなどの記事から情報を得ていなかったら、果たして自力で解決策を見い出せたかどうか定かではありません。分かりにくいのに何の道案内もなかったので、ここは不親切だと思います。
砂防堰を通過すると、間もなく車道が現れて、少しの間その車道を進みます。
車道歩きは鈴鹿スカイラインまでで、そこから再び山道に入りますが、この直後にまた分かりにくい箇所がありました。先行者ともども分岐を見逃して、違う方向に進みかけてしまい、少々時間をロスしています。
その後は遊歩道風の穏やかな道に変わって、温泉街が近くに見下ろせる場所まで下ってきました。

バス停に向かう前に、ロープウェイの駅に寄り道しました。併設の土産物店(写真左側)が、この界隈で一番品揃えが充実していそうだったからです。でも結局、購入したのはド定番の「湯の山僧兵餅」だったのですが。
三交湯の山温泉バス停まで戻ってきました。帰路は、路線バスと鉄道を乗り継いで名古屋に向かいます。
湯の山温泉駅で近鉄線に乗り継ぎます。ローカル線らしいちょっと鄙びた雰囲気が、山歩きの余韻を残したままにしてくれて、旅の締めくくりには相応しく感じました(四日市で幹線に乗り換えるまでの間でしたけれど)。

タグ:関西
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ