So-net無料ブログ作成

ロックガーデンから御岳山 [奥多摩]

2016/06/25(土)

■第329回 : 御岳山(929m)


この日は午前中まで雨という予報だったので、元々は山に行く予定なんてありませんでした。ところが少しゆっくり目に起きてみると、すっかり空が明るくなっていて、もう雨なんか降りそうもありません。そこで急に支度をしながら、行先の山と登りのコースだけをとりあえず決めたら、慌ただしく家を飛び出したのでした。

その行先は、歩き慣れていて、適当に歩いても大丈夫な御岳山です。この時期に快適に登れる標高の山ではなく、しかも雨上がりのムシムシした中を歩くので、暑いのは覚悟の上で選んだ行先ですが、登る途中に涼しさが期待できるロックガーデンを経由して、即席の計画ながら暑さと戦う一方にはならないような工夫も加えました。

(往路)
古淵 11:18-11:40 八王子 11:48-12:00 拝島
拝島 12:02-12:19 武蔵五日市 12:30-13:07 上養沢

(登山行程)
上養沢バス停 13:10
七代の滝   14:00-14:05
綾広の滝   14:35-14:40
御岳山    15:10-15:20
四差路    15:40    (日の出山西側の分岐点)
養沢鍾乳洞跡 16:05
上養沢バス停 16:30

(復路)
上養沢 16:35-17:12 武蔵五日市 17:21-17:44 拝島
拝島 17:52-18:03 八王子 18:08-18:30 古淵


大きなマップで見る

武蔵五日市駅で上養沢行きのバスに乗り換えて、終点から歩き始めます。早朝に乗る時はいつも空いているこの路線も、午後の下りの便とあって地元の人たちの利用が多く、発車時点では立ち客が何人も出るほどでした。でも、こんな時間から山に登ろうとする人がほかにいるはずもなく、終点まで乗り続けたのは私だけでした。
さて冒頭で書いた通り、出掛ける時に決めていたのは登りのコースだけ。御岳山に登った後は、青梅線側に下る2通りのプランを漠然と考えていたのですが、バスの中で、上養沢に戻ってくる周回案を思い付きました。
青梅線側ならば、バスを使うにしても本数が結構あって、時間を気にせずに気ままに歩けるのが利点です。一方、上養沢に戻ってくれば、バスも電車も青梅線側よりは断然空いていて、楽に帰れそうなのが魅力的でした。
しかし終点で降りて復路の時刻表を確認したところ、下山後に使えるのが 16:35 発の1本しかなかったのです。今から3時間半後ということは、かなり頑張らなければ間に合いそうもないので、すぐには決めかねました。

上養沢からロックガーデンへ向かうコースは、その大半が林道歩きです。とりあえず上養沢 16:35 発のバスに間に合わせてみようと、かなりのハイペースで歩き始めました。
はじめ舗装されていた林道は、日の出山への1つ目の分岐点を過ぎると、砂利道に変わりました。
ほどなく日の出山への2つ目の分岐点を過ぎると、再び舗装道路に戻ります。
普段ならば未舗装の柔らかい路面を歓迎するのですが、雨上がりの未舗装区間では少し足を取られることもあり、先を急ぎたい思いがあるこの日は、いくらかでも歩きやすい舗装道路のほうが有り難く感じたのでした。
車道とはいえ、御岳山までの標高差のうち6割以上をこの道で登ってしまうので、途中からはかなり傾斜がキツくなります。そこをハイペースで登っているものだから、もう暑くて仕方ありません。体温上昇を少しでも抑えようと、扇子を片手に、常に風を起こしながら登る始末となりましたが、吹き出す汗は止まりませんでした。
林道終点が近付く頃には、もうすっかり汗だくです。
実際の終点はもう少し先でしたが、斜面に崩壊箇所があって、車両が入れるのはここまででした。
長かった林道もようやく終点となり、ここから山道に変わります。

山道が始まれば、ほんの5~6分で七代の滝に到着。少し遅めの時間とあって、離れた所に休憩中の2人組がいただけで静かでした。こんな時期でも、滝の近くでは空気が少しヒンヤリと感じられて、オアシスのようです。滝壺の冷たい水にしばらく両手を沈めて、身体をクールダウンさせつつ、少し息を整えていきました。
七代の滝とロックガーデンの間は、鉄階段の連続となります。
結構急で長い階段が次々と現れるので、かなり苦しいです。
鉄階段をすべて登り切って、天狗岩(写真左側の巨岩)の前に着いた時は、肩で息をする状況でした。
ただでさえ蒸し暑くて厳しいコンディションなのに、さらにハイペースを維持して来たことで、すでにかなり消耗が進んでいます。せっかくここまで頑張って来ましたが、この先も同じペースを保って歩き続けられるとはとても思えず、バスの時間に間に合うように上養沢まで戻るのはもう無理と、ここで一旦は諦めました。

天狗岩から先は下りに変わって、御岳沢を飛び石で対岸に渡ると、そこからロックガーデンが始まります。御岳沢は、先程までの林道沿いに続いていた養沢川の上流なので、この日はずっと同じ川を遡っているのでした。
ロックガーデンに入ると、期待通りに沢沿いの道は涼やかでした。登り坂がずっと続くので、そこを歩いてもなお涼しいという程ではありませんが、ロックガーデンの中にいる間は暑さに苦しまずにすんでいます。
こんな美しい景色の中をそそくさと通り過ぎてしまっては勿体ないですし、ここは景色を目に焼き付けながらゆっくりと歩きました(疲れていて早く歩けなかった、ということもありますが‥‥)。
標高が低いので、暑い時期に訪れることが少なかった場所ですが、緑が深い中を歩くのも良いですね。
岩などが苔生したさまも綺麗でした。今朝までの雨で、この緑も一段と美しさを増していたことでしょう。
たびたび立ち止まっては、写真ばかり撮ってしまいます。
ロックガーデンの中ほどには、休憩舎とトイレの建物があって、テーブルとベンチもいくつか置かれています。
上流に向かうにつれて、どんどんと流れが細くなっていき、谷が狭まる箇所も現れます。
いよいよ谷が浅くなって、両岸から濃い緑が迫ってくると、まもなくロックガーデンの最上部に達します。
綾広の滝が見えてきました。ここがロックガーデンの一番奥に当たります。
このあたりでは、今朝までの雨量は少なかったようで、割と静かに流れ落ちる綾広の滝でした。

御岳山と大岳山を結ぶ登山道に出たところで、ロックガーデンの遊歩道は終わりです。
御岳山までの道はほぼ平坦で、普段ならば歩きやすいのですが、雨上がりのこの時は泥濘が多かった上に、途中に工事をしている場所があってそこまで車両が入ったりしていたので、荒れ気味で歩きにくい所もありました。
長尾平の少し先から御岳山への近道に入り、最後の石段を登っていくと、見えてきた頂上が少々残念なことになっていました。武蔵御嶽神社の拝殿が、なんと昨年6月からお色直し中だったのです(今年10月までの予定)。
すでに午後3時を過ぎていましたが、まだチラホラと登山者や観光客が参拝する姿がありました。
いつものように、今回も奥にある玉垣内に進んで、最高点にある大口真神社を拝んでいきます。
前の写真でも左隅に写っていますが、大口真神社の社殿脇に山頂碑があり、ここが山頂の929mとされています。
さて、これまでずっと下山ルートを迷ったままでしたが、御岳山から先は選ぶコースによって歩く方向が違うので、そろそろ決断しなければなりません。

青梅線側に下る2案であれば、どちらも時間を気にする必要が全くなく、歩き慣れた道なので新鮮味こそありませんが、その代わり安心して歩くことができます。
一方、上養沢に戻る案のほうは、残りの行程が短くなったここまで来て改めて所要時間を計算し直しても、間に合うかどうかが微妙で全く確信が持てませんでした。しかも、初めて歩く道のワクワク感と引き換えに、途中に何が待ち受けているか分からない不安を抱えて歩くことになります。雨後の影響が強く出て調子良く歩けない道なのかもしれませんし、アクシデントで思うように歩けなくなったりしても、即オジャンになる計画なのでした。

武蔵御嶽神社の境内でギリギリまで悩んだ挙げ句、結局は初めての道を歩いてみたいという思いが強くて、出した結論は再び歩くペースを上げて上養沢に戻るというものでした。もしも 16:35 発のバスに間に合わなければ、何もないバス停で次の便まで1時間半待つしかなくなるので、大きな賭けに出たとも言える決断をした訳です。

というわけで、御岳山からは日の出山へのコースを進み、この分岐点から山道に入ります。
日の出山への道は、途中まではほぼ平坦で、しかも雨の影響もほとんどなく、とても歩きやすかったです。
御岳山と日の出山との鞍部まで、緩やかな下り坂が続くので、駆け下りるようにして先を急ぎます。
鞍部の四差路まで来ました。御岳山から20分で着いたので、ここまでは計算通りで順調です。
しかしここで、再び進路に迷いが生じます。この四差路からは上養沢に向かうコースが2本あって、当初はここを右折するつもりでした。ところが、右折を示す道標に上養沢への距離が4.0kmと書かれていたのに対して、正面で右に分かれて直進するもう一方の道は、距離が3.8kmとなっていたのです。少しでも距離が短いほうが早く歩けそうに思えて、直進方向に進路を変えたのですが、果たしてその結果がどう出るでしょうか‥‥。

すると、その道は傾斜こそ緩やかなものの、登り坂に変わってどんどん高度を上げていくではありませんか。
結局、上養沢への降下点(ここを右折でした)に着くまでの約10分間は、ほとんど登りばかりでした。距離は確かに短いのかもしれませんが、時間は余計に掛かってしまったような気がします。
上養沢へ下る道は、普通の坂道は少なめで、階段状の箇所が多いので決して歩きやすくありません。それでも、コース選択を誤ったかもしれない焦りも手伝って、かなり飛ばしました(それが写真のブレに表れたのかも)。
養沢鍾乳洞跡を過ぎると、そこから石畳のような階段道に変わります。濡れた石がツルツルと良く滑り、この先は早く歩くことができなくなったので、結果的に上のほうでどれだけ急いでおけたかが成否を分けたのでした。
つい3時間前に歩いたばかりの林道に出て、時計を見るとバスは20分後です。ここからバス停までは、登りでも10分で来ていたので、最後の最後でやっと間に合うことを確信できました。急いだ甲斐があって良かったです。
帰りのバスも、ほかに待っていた人はなく、私だけを乗せての発車となりました(混んできたのは瀬音の湯から)。

タグ:奥多摩
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

三頭山・大沢山・槇寄山 [奥多摩]

2016/06/18(土)

■第328回 : 三頭山(1531m)・大沢山(1482m)・槇寄山(1188m)


今回の行先は、これが8回目の登頂となる奥多摩の三頭山です。比較的行き慣れた山になりますが、ここ2回ほどは積雪時に登っていたので、土の地面を踏んで登頂するのは6年ぶりでした。
下界では真夏日となったこの日も、このくらいの標高ではまだ厳しい暑さがなく、風が涼しく吹いていたのにも助けられて、山の中では思いのほか楽に過ごせています。

ただ、このところ山行頻度がガクッと落ちて身体が鈍っていた上に、前回からの間隔が約1ヶ月開いていたからか、暑さが堪えた訳でもないのに、身体が認識していた以上に重くて、普段通りには歩けませんでした。
平坦地や下りで、以前同様に快調に歩くことができた一方で、登りでは足取りが重いままペースを上げられなかったのです。頻繁に山を歩いていた頃とのコンディションの差を痛感させられる山行となってしまいました。

(往路)
古淵 06:33-06:55 八王子 07:04-07:28 上野原
上野原 08:10-09:15 鶴峠

(登山行程)
鶴峠バス停   09:25
向山分岐    10:15
神楽入ノ峰   10:50-11:00
三頭山(西峰)  11:25-11:30
三頭山(中央峰) 11:35
三頭山避難小屋 11:45-11:50
大沢山     11:55-12:00
槇寄山     12:40-12:50
数馬峠     13:20
仲の平バス停  13:50
数馬バス停   13:55

(復路)
数馬 14:51-15:45 武蔵五日市 15:55-16:16 拝島
拝島 16:30-16:42 八王子 16:59-17:22 古淵


大きなマップで見る

今回は上野原駅から1時間以上揺られて、鶴峠までバスで入りました。歩き始めがこの標高(870mほど)であれば、さほど暑くないのではと期待した通り、涼しささえ感じられるような気温で、風も心地良かったです。
なお、鶴峠行きの便に乗るのは初めてで、いつも混んでいる印象があったので早めに上野原駅に向かったのに、バス停には行列なんてほとんどできず、出発する時点でも車内に空席がチラホラ残る程度の乗客数にとどまります。終点の鶴峠まで行ったのが7~8人と少なかったのも意外でした。時期による変動が大きいのでしょうか。
それから、この写真はバスの終点でのもので、バス停にはまだ着いていないのに、折返所がある少し手前の地点で降ろされる形でした。でも一緒に写っている建物がバイオトイレで、ここにあることを知らなかったため、もし通過していたら利用することもできなかったので、ここで降ろされたのはむしろ好都合だったと思っています。
ということで、ヘアピンカーブをもう1回分だけ自分の足で登ると、少し先に鶴峠のバス停が見えてきました。
前の写真の撮影地点で右を向くとスロープがあって、これが三頭山への登山口です。
一方、バス停のすぐ脇には奈良倉山への登山口もあります。バスを一緒に降りた7~8人の中で、私が最初に歩き始めてしまったため、後続の人たちが三頭山と奈良倉山のどちらに向かったのかは分かりませんでした。

登山道に入ると、まずは林道と何度か交差しながら進みます。はじめのうちは分岐点に道標がなくて、どちらを進んでも良い感じでしたが、この地点で林道と分かれたら、あとはほぼ1本道でした。
序盤は植林帯の登りが続いて、景色も今ひとつでしたし、風が通らずに少々暑い思いもしました。
やがて植林帯を抜けると、風が思っていた以上に涼しくて、楽に登れるようになります。地形図ではほぼ尾根上に破線が描かれていますが、実際の道は終始このように斜面に付けられていました。
ほぼ一定した傾斜の坂道が続いて、急な登りや段差のある箇所がほとんどなく、とても歩きやすい道です。当面は全く誰に会うこともなく、周囲には鳥や虫たちによる大合唱が響き渡っていました。
この地点で、余沢から向山を経由して登ってくる道を合わせます。6年前に、その道で三頭山に登っているので、初めて歩く道はここで一旦終わりました。(あとは、数馬峠からの最後の下りが未踏の区間になります)

向山からの道を合わせた先も、尾根上の小さなアップダウンを避けて、斜面をトラバースする道が続きます。
しばらく進むと再び分岐点。ここで直進する尾根に入らないと、三頭山には向かえないのですが、左に分かれるトラバース道の続きのほうが立派なので要注意です。この左の道って、どういうルートを歩く時に利用価値があるのかが全然分からないのですが、その割に良く踏まれている様子なのが謎なんですよね。
しかもこの分岐点、道標があるにはあるのですが、足元であまりに控え目にしていて目立たないのです(前の写真でも右下に小さく写っています)。もう少し視認しやすい高さにできなかったのでしょうか。

先程の分岐点を過ぎると、ようやく尾根歩きが始まり、路面にも露岩や段差が現れて、登山道らしくなります。
神楽入ノ峰の手前には、傾斜がキツく感じる箇所も出てきて、この日のコースで一番の急登になる区間でした。
このあたりの標高では、ツツジがまだ結構咲き残っていて、登山道に甘い香りを漂わせていました。

神楽入ノ峰は、この写真の範囲が全てという狭いピークで、この時期は木々の葉に遮られて展望はありません。ベンチもありませんが、1人だけなら中央の標石を椅子代わりにできるので、腰を下ろして休憩していきます。
神楽入ノ峰を反対側から振り返ります。相変わらず人の気配はなく、休憩中も鳥や虫たちの大合唱が続きました。
山名標も、私製のものが樹木に括り付けられているだけでした。
神楽入ノ峰から先は、尾根通しに何度かのアップダウンを経て三頭山を目指します。最後まで誰にも会わないのかと思っていたら、三頭山が間近に迫ったあたりで、すれ違う人がやっと計3人ほど現れました。

三頭山の頂上部を目前にして見えてきたのは、人また人という賑わいぶりでした。これまでの静けさから一転して、山頂は大盛況だったのです。都民の森からの最短経路で多くの人たちが登って来ていたのでしょう。
まずは西峰に到着です。三頭山の最高点ではありませんが、広くて休憩向きなので、やはり人が多かった‥‥。
そんな中、奇跡的にあまり人の入らない写真が撮れてラッキーでした。
本来ならば、富士山を綺麗に眺められるはずなのに、この日はこんなに霞んでしまって、いつもの存在感はありませんでした。人が多くて落ち着かないこともあり、5分だけ休憩して息を整えたら、とっとと先に進みます。
最高点の中央峰も、一応は踏んでおきます(そうしないと三頭山の標高を1531mとして記録を書くのに抵抗を感じてしまうので)。ただここは何もない場所なので、写真だけ撮ったらすぐに引き返したのでした。
中央峰と西峰との鞍部にある御堂峠まで戻ったら、頂上部を離れて巻き道に入り、次は笹尾根へと向かいます。
三頭山から南に延びる笹尾根はその全部を踏破していますが(何度かに分けて)、その中でも大沢山・槇寄山を経て西原峠までの上部の区間は何度も繰り返し訪れているので、歩き慣れた道になります。

頂上部から続く木段を下り切って、ムシカリ峠に着きました。
まだまだ続々と人が登ってくる中で、全く挨拶をしない人も多いのが気になっていたところ、時折聞こえるグループ内の会話の様子から、中国語圏の人たちだと分かりました。なぜかこの日は、中国語圏の人たちが大挙して三頭山を訪れていたのです(日本語の挨拶が分かる方は、「にんにちは」と声を掛けてくれていたようです)。
ムシカリ峠のすぐ先には、三頭山避難小屋があります。ここでトイレ休憩を挟みました。
なにしろ身体が重いので、大した登り返しでもないのに少々苦しかったのですが、なんとか大沢山に登り着きました。ここまで来てしまえば、あとはもう大きな登り返しがないので、体力的な不安からは開放されます。
さっき避難小屋で休んだばかりでしたが、登りで息が上がっていたので、大沢山でも短い休憩を入れています。

大沢山を過ぎても、都民の森エリア内では次々と中国語圏の人たちがすれ違って行ったのに対して、都民の森エリアから抜けると、会う人も少なくなりました。
そしてその先は、割とガンガンと下って膝に来る感じの道が続きます。これまでは登りでしか歩いたことがなくて、そうとは認識していなかった区間だったのですが、これまで登りに選んでいたのは正解だったんですね。
350mほどを一気に下ると、今度は一転して穏やか尾根道に変わります。ゆる~い傾斜で小さなアップダウンをしつつ、少しずつ登り返していく形になって、この日最後のピークである槇寄山に着きました。
頂上全体の写真をなぜか撮り忘れましたが、テーブル&ベンチが2組あって、そこそこの広さがあります。
槇寄山でも、富士山側の展望が開けているのですが、ただでさえ霞んでいた富士山に雲までかかり始めていて、写真を縮小したらほとんど分からなくなってしまいました。

槇寄山から軽く下ったところが、登山道が十字路状に交差する西原峠です。
これまでは、左右どちらかの山麓からここに登って来て三頭山を目指す、というパターンが多かったので、笹尾根のここから先の区間になると、過去に歩いたことが1度だけしかないのでした。
その1度だけ歩いたのは6年前で、決して遠い昔のことでもないのに、その時の記憶がほとんど残っていなかったので、感覚的には初めて歩くのと変わりませんでした。
西原峠から先になると、尾根筋を外れて斜面をトラバースすることが多くなり、中には足元が不安定で歩きにくい箇所も出てきます。それまでの区間よりも歩く人が少ないと見えて、道は細くなりましたし、草を分けて進むようなところさえあって、あまり歩いていて楽しい区間ではありませんでした。
それでも登山道が時折尾根上に戻ると、緩やかな尾根だけに、気持ちの良い景色の中を歩けたりもしました。
右側の景色が開ける場所に出ると、そこで田和から登ってくる道が合わさりました。少し前までの登山地図には何も書かれていなかった道ですが、今年の版を見ると一般道として赤実線で書かれていますし、下の登山口にも道標がしっかり立っていたのを今朝乗ったバスの車窓から見ていたので、問題なく歩ける道なのでしょう。

さらに少々ヤブっぽい中を歩き続けて、数馬峠まで来ました。今回、笹尾根を歩くのはここまでです。
数馬峠を少し通り過ぎて振り返りました。
数馬峠では南西側が大きく開けていて、前回歩いた権現山の尾根のほぼ全容が見渡せました。前回は北峰で尾根に上がり、権現山・雨降山を経て、左のほうで切れているあたりまで、見えている尾根のほぼ全部を歩いたのでした。
なお権現山の右には、肉眼ではしぶとく富士山が見られたのですが、写真にはもうほとんど写りませんでした。
  ※下の写真は山名ガイドを入れた縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。

数馬峠から仲の平へ下る道は、今回初めて歩きました。
はじめのうち、か細くてやや不安定な道が続いたので、これは選択を誤ったかと不安になったのでしたが‥‥。
すぐに、しっかりと踏まれた感じで傾斜もほどほどの、歩きやすい道に変わってホッとしました。
途中までは緩やかな坂道が続いて、とても気持ち良く歩けています。
ただし後半になると次第に傾斜が増していき、しまいには少々荒れた感じの箇所も出てくるなどして、ただ楽なだけでは下らせてもらえませんでした。

最後に、仲の平バス停のすぐ近くに出てきました。バスが来るまでにはだいぶ時間がありますし、バス路線の起点の数馬まですぐに歩ける距離なので、バスには数馬から乗ることにします(そこで都民の森からの連絡バスが着く前に、始発のバスに乗ってしまうのが、確実に着席できる方法なのです)。
ということで、5分ほど歩いて数馬バス停まで来ましたが、それでもまだまだ時間があります。
そこで、近くの九頭龍神社で時間調整しつつ、滅多に人が来ない場所なので、着替えなどもさせてもらいました。

タグ:奥多摩
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ