So-net無料ブログ作成

大平山・物見山・仙元山 [奥武蔵・秩父]

2016/02/27(土)

■第322回 : 大平山(179m)・物見山(286m)・仙元山(298m)


この冬もぼちぼち超低山は歩き納めになりそうなので、秩父エリアの里山をいくつか繋げて歩いてきました。
この日ピークに立った山々は、元々地味な山が多い低山の中でも地味度の高い山ばかりが揃っていて、最後に立ち寄った展望公園が唯一の見所だったかもしれないという、なんとも渋すぎる山歩きになっています。

(往路)
古淵 05:58-06:21 八王子 06:32-07:26 高麗川
高麗川 07:28-07:53 小川町 08:06-08:13 武蔵嵐山

(登山行程)
武蔵嵐山駅 08:15
大平山   08:55-09:00
嵐山渓谷  09:10-09:25
小倉城跡  09:50-09:55
仙元山   10:20-10:25
物見山   10:35
大日山   10:50-10:55
青山城跡  11:15
仙元山   11:25-11:35
見晴らしの丘公園  11:50-12:10
小川町   12:40

(復路)
小川町 13:14-13:41 高麗川 14:00-14:42 八王子
八王子 14:50-15:02 橋本 15:04-15:15 古淵


大きなマップで見る

武蔵嵐山駅で下車します。東武東上線のJR武蔵野線より外側のエリアを利用したのは、今回が初めてでした。
しばらくは、のんびりと車道を歩いて行きます。時折立っている道標の「嵐山渓谷→」に従って進む形になりましたが、道標は必要十分なだけ立っている訳ではなく、それだけを頼って進める状況ではありませんでした。
人家が少なくなってくると、前方には最初に登る大平山が見えてきました。
道が登り坂に変わる頃には、大平山がもう間近に迫っていました。距離的に近いのはもちろんのこと、低い山だけに標高差もすでに100mを切っていて、すぐ上にあるという感じの見え方です。
大平山への案内に従って車道を右折します。民家の庭先では梅の花がほぼ満開でした。

車道の終点が登山口となっていて、大平山周辺の案内図が立っていました。
案内図のすぐ先に道標が立っていて、そこから登山道が始まります。
良く踏まれた歩きやすい道が続きます。傾斜も概ね穏やかで、上部で少し急になる程度でした。
低い山だけに、登山口から10分もかからずに、頂上部の一角に着いてしまいました。
頂上とされている地点はもう少し先でしたが、実際にはこのあたりが最高点だったように思います。
展望もこの地点のほうが良かったようです。あずま屋に面した斜面が伐採されていたため、振り返れば都心方面を一望することができ、写真にはうまく撮れていませんが、肉眼では高層ビル群がぼんやりと見えていました。

あずま屋の前からはほんの1~2分で、大平山の頂上とされている地点に到着です。
登る途中では人とのすれ違いもあったのですが、頂上は無人でひっそりとしていました。
頂上には、雷電神社の小さな祠と、由来を記した解説板がありました。
あまり切り開かれたりしていないので、木立のただ中にあるという感じの、少々雑然とした雰囲気の頂上です。
でも自然に近い姿を残していることに、個人的にはむしろ好感が持てました。
展望も樹木の間から覗く感じでパッとしませんが、必要のない伐採をするよりは、このままで良いと思います。

あずま屋の前まで戻ったら、登ってきた道と分かれて、嵐山渓谷へ向けて下ります。
やや過剰に木段が設備された印象の、あまり快適には下れない道でした。
あっという間に登山道を下ると、嵐山渓谷の展望台とトイレがある広場に出ます。
展望台があるならと登ってみましたが、こんな時期なので寒々しい景色が眺められただけでした。
下流側には、嵐山渓谷の名所でもある冠水橋が見えています。でもこんな状況では、行ってみたところで景色にも変わり映えがなさそうなので、そちらには向かいませんでした。
その代わり、槻川の蛇行によって岬のように突き出ている所にある遊歩道を往復してみましたが、その道もずっとこんな様子でした。やはりここには紅葉か、せめて新緑の時期を選んで来るべきだったのでしょう。
遊歩道はこの広場が終点でした。しかし細い道がさらに先へと続いていたので、川岸まで下ってみます。
岸辺に出てみても、案の定、そこには冬枯れの冴えない景色が広がるばかりです。
槻川の流れは意外なほど穏やかで、ほかに人がいないこともあって、静けさだけを味わいに来た感じでした。

嵐山渓谷を離れて、次は仙元山へ。渓谷沿いの遊歩道が整備中で通れなかったので、ここは林道を歩きました。
一旦車道に出ると、正面にはこれから歩く尾根が見えていて、ちょうど道路の延長線上にあるのが、この日2つ登るうち低いほうの仙元山でした。このあと、すぐ先のT字路を左に折れて、その尾根の末端に取り付きます。
割と最近設置されたらしい「小倉城跡入口」の道標に従って、山道に入ります。ここから小倉峠までは、現在の登山地図では赤破線で描かれた区間ですが、道標が整備されていたので、一般登山道に昇格しても問題なさそう。
やや急な斜面を直登するので少しキツく感じますが、数十mほどの標高差ですぐに尾根に乗ってしまいます。
尾根道に変わると、登山道の傾斜も落ち着いてきて、歩きやすくなりました。
軽く登り詰めたところが、小倉城跡となっている136mピークで、発掘調査が行われたためか、周囲は広範囲に切り開かれています。明るくて気持ち良く過ごせる場所だったので、切り株に腰掛けて小休止していきました。
城跡の碑と解説板です。このほか、離れた場所にあるいくつかの遺構にも簡単な説明書きが添えられていましたが、全体的には雑然としていて、今後さらに整備されるのではないかという印象を持ちました。
城跡から小さく下った所が、十字路状の小倉峠です。
直進する尾根道と、交差している峠越えの道の計4本は、いずれも良く歩かれているようでした。
ところでここまでは、最初に登った大平山も、つい先程の小倉城跡のピークも、麓からの標高差が100mにも満たなくて、山に登ったという実感には乏しいというのが正直なところでした。
でもここからは少しばかり標高も上がり、いくつかのピークを縦走していくことにもなります。それでも最高点が300mに達しなかったりして、低山ぶりは相変わらずながらも、きっちりと山を歩く感じにはなりそうです。

次に登るのは仙元山で、この日の最後に向かう最高点の仙元山と同じ名前なのが紛らわしいピークとなります。
しばらくは緩やかな傾斜が続いて楽に登れますが、このあたりは道標に書かれた目的地名の表記に統一性がなかったり、道案内のない分岐があったりして、登山道にも少し分かりにくい部分がありました。
しかも途中から登山道の様子がガラリと一変して、今回のコースで一番の急登が現れます。
息を切らして登り詰めたピークには、いくつかの石碑や祠などが立っていました。
山名標はなかったものの、ひときわ大きな石碑に「仙元大日神」と刻まれていたので、ここが仙元山で間違いないでしょう。樹林に囲まれて展望こそありませんが、上空が少し開けた明るい場所で、気持ち良く休めました。

仙元山を過ぎると、尾根は小刻みな起伏を繰り返しますが、大きな登り下りや急な傾斜が現れることはなく、軽快に歩ける場所が大半でした。そんな中を進んでいると、登山道脇の樹木に何かが括り付けられています。
どうやら、このあたりが物見山の頂上らしいのですが、かつて物見をしたために頂上部が平坦になっているのか、登山道上はもちろん登山道の両側を見回しても、最高点の場所がハッキリしないようでした。
「物見山」と書かれた私製の標識類は計3点ありましたが、中にはQRコードを印刷した物も。私はアクセスできないのですが、ヤマレコの情報(2014年6月時点)によると、表示されるのは標高などの基本的な情報らしい。

物見山の先も小さなアップダウンが続きます。
252.6m四等三角点のピークでは、久しぶりに景色が開けて、展望が楽しめる所にベンチが置かれていました。
このピークには「大日山」という山名があるようです。
開けていたのは西側で、東武鉄道主催の「外秩父七峰縦走ハイキング大会」のコースとなっている山々を眺めながら、ベンチで少し息を整えていきました。  ※下の写真にマウスを乗せると、山名ガイドを表示します。

その後も穏やかな登り下りを繰り返します。時間の経過とともに、この日は気温がかなり上がりましたが、森が結構深くて日差しが遮られることも多く、最後まで「陽だまりハイク」という感じにはなりませんでした。
ほどなく城跡の標識が現れるようになって、青山城跡のピークの一角に入ったようです。
登山地図によると、青山城跡のピークには城山という山名があることになっています。城跡の解説板の後方が頂上に当たるようだったので、踏み跡を追ってそこに立ってみましたが、山名標の類は見当たらないようでした。

青山城跡から一旦下ったら、この日の最高点に向けての登り返しとなります。決して緩やかではなかったものの、長く続くわけでもないので、特にキツく感じることもなく、この日2つめの仙元山に到着しました。
仙元山の頂上も樹林に囲まれた地味な地点でしたが、北西側の一角だけは開けていました。
眼下に小川町市街を見渡し、左のほうにはちょうど1年前に登った金勝山が見えています(その背後でうっすらと見えているのは、陣見山から鐘撞堂山への稜線)。条件が良ければ、さらに遠くの榛名山や浅間山まで見られるようなのですが、気温が高い上にお昼近い時間にもなっていて、そこまでの眺めはありませんでした。
頂上を通り過ぎて1段下がった所には、この展望台が建っていました。
期待せずに登ってみたら、やはり展望台からの眺めも今ひとつに終わります。西側はこの通り樹木の間から覗く具合でしたし、さいたま副都心が見られるらしい反対側も、近くまでしか見えないのでパッとしませんでした。

仙元山からは、見晴らしの丘公園に直行したかったのに、遊歩道の標識に従って進んでいたら、休憩所の前に出てしまいました。公園に直行する道は、積極的には案内されていなかったようです。
休憩所からは、心安らぐような里山風景が眺められました。見えているのは、ちょうど最初に登ってきた大平山の方角なのですが、大平山自体はその前にある寒沢山あたりに隠れてしまっているようです。
休憩所のすぐ下まで林道が延びてきていて、見晴らしの丘公園にはその林道を歩いて向かいます。

見晴らしの丘公園に到着しました。ここまでは車に乗って来られますし、ローラーすべり台があったりして、この寒い時期にもかかわらず、そこそこの人出がありました。
公園には大きな展望台があって、朝乗った東武東上線の車窓からも良く見えていました。
展望台に登れば、仙元山で隠れている南側を除いた、広範囲の眺望を楽しめました。ただ、すでに書いているように遠望がきかず、見えているのが近くの山々にとどまっていたのが残念です。空気が澄んでいれば、浅間山・榛名山・赤城山・男体山・筑波山などまで見渡せるとのことで、さぞかし壮観なのでしょう。
  ※下の写真は山名ガイドを入れた縮小版で、大きな写真(文字入れなし)は こちら です。
ローラーすべり台は人気があるようで、展望台にいる間だけでも、何人もの人が滑り降りて行きました。

見晴らしの丘公園からの下り口は、なぜか道標による案内が全くありません。公園全体の案内図を見て、ようやく休憩所の脇の道がそれらしいと分かったものの、この点は少々不親切に感じました。
その道は、下り始めは木段が多くて煩わしかったのですが、途中からは割と普通の坂道に変わってくれました。
公園までの間に、仙元山からかなり標高を落としていたので、登山口まで下るのに10分もかかりませんでした。
すぐに車道に出ると、向かい側には休憩舎やトイレがありました。
最後は車道歩きです。最初に歩いた武蔵嵐山駅からの車道がのどかな雰囲気だったのとは対照的に、こちらは交通量の多い幹線道路もあったりして(そこを避けると遠回りになってしまう)、のんびりとは歩けませんでした。
ゴールの小川町駅に着きました。
八高線が昼間になると1時間に1本を切るダイヤなので、電車が来るまでちょっと待たされましたけれど。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

元清澄山・清澄山 [房総半島]

2016/02/11(木・祝)

■第321回 : 元清澄山(344m)・清澄山(377m)


房総の山歩きも今回で5回目となりました。この日は「関東ふれあいの道」の千葉県のコースの中から、「モミ・ツガのみち」を歩いています。
名前の付いた山こそ、元清澄山と清澄山の2座にしか登りませんでしたが、特にコース前半はアップダウンがこれでもかと続いて小さなコブを次から次へと乗り越えていく、なかなかタフなコースでした。

(往路)
古淵 05:47-05:51 町田 06:02-06:04 相模大野
相模大野 06:08-06:47 新宿 07:18-09:37 安房鴨川
安房鴨川 10:31-10:47 金山ダム

(登山行程)
金山ダムバス停 10:50
黒塚番所跡   12:00-12:05
元清澄山    12:35-12:45
元清澄山入口  13:25
池ノ沢番所跡  13:50
展望ベンチ   14:00-14:10
清澄寺バス停  14:35
清澄寺     14:40-14:45
清澄山(妙見山) 14:55-15:20 (清澄寺妙見堂)
清澄寺バス停  15:30

(復路)
清澄寺 15:41-15:53 安房天津 16:21-18:29 新宿
新宿 18:41-19:21 相模大野 19:25-19:40 南警察署前


大きなマップで見る

ちょっとした遠出になりましたが、1日1本だけの直通特急に乗って、新宿から乗り換えなしで安房鴨川へ。自由席も割と空いていて快適でしたし、車窓から外房の海岸風景を楽しみつつ、道中はゆったりと過ごせました。
ただ、ここから本数の少ないバスに乗り継ぐために、駅の待合室で1時間近く待たされるのでした。朝のうちはこの通りスッキリと晴れていたので、できればすぐに移動して、青空の下で歩き始めたかったです。
バスに乗ってしまえば、終点の金山ダムまでは15分ほど。意外にも、バスの乗客はずっと私ひとりだけでした。

車道を歩き始めると、10分もしないうちに金山ダムに着いて、ダム湖に架かる赤い橋を渡ります。橋の袂には休憩舎と駐車スペースがあり、そこに車が2台停められていたので、車で訪れた先客は何人かいるのでしょう。
橋の上からの景色は、特に何が見えているというわけでもなかったようです。この時間になると、上空には雲が増えてきて、日差しが遮られることも多くなっていました。
しばらく湖岸の道路を歩いて、さらにもう1本の橋を渡ると、間もなく山道が始まるのでした。
といっても、はじめのうちは、車でも通れそうな感じの道が続きました。
5分ほど歩いていくと分岐点に出ました。いよいよ、れっきとした山道に入るようです。

山道が始まったら、いきなり木段の急な登りが待ち構えていました。しかも、これがかなり長く続きます。
急登がようやく一段落したかなと思える場所に出て、喜んだのも束の間。先へ進むとまた長い木段の続きが現れて落胆、という展開が、かれこれ4~5回は繰り返されます。体力面だけでなく精神的なダメージも大でした。
そんな木段の急登の次に現れたのは、同じ木段でも今度は急下降でした。落ち着いて歩ける場所がありません。
下り切った先に待っていたのは急な登り返しでした。そしてこの展開も、このあと何度となく繰り返されます。
要するに、急登だけが連続するパターンが、下っては同じだけ登り返すパターンに変わっただけなのでした。
まだ序盤で体力に余裕があるとはいえ、これだけの登り下りをさせられるのはかなり苦しいです。この日の行程は距離が長めで、むしろまだ序盤でしかないことから、この先どこまで持つのかが不安にもなる幕開けでした。
それでも右手の眼下にゴルフ場を見下ろすようになると、ようやく道の様子が少し落ち着いてきました。
少し前までなら、とことん尾根筋を登下降させられていたようなところで、斜面にほぼ平坦な道が付けられていることも多くなりました。とはいえ、まだまだアップダウンも断続的に現れるので、決して楽にはなりません。

分岐点のような場所に出て、元清澄山へはここを右折します。ここが黒塚番所跡という地点なのですが、小さな1本の杭がそのことを示していただけで、特別な遺構は残っていないようでした。
右折して振り返ったところです(写真左下から出てきて手前に曲がりました)。実はこの場所に来るのは今回が2度目で、2009年に鍋石から元清澄山を目指した時は、写真正面側から出てきたのでしたが‥‥。
2009年当時すでに「一般的なコースではない」とされていた鍋石からの道は、6年の時を経てすっかり廃れてしまったようで、現在はロープに封鎖されて進入禁止となっていました。歩けるうちに歩いておいて良かった‥‥。

ということで、黒塚番所跡から先は1度歩いている道です。しかし当時の記憶はあらかた薄れていて、こんなクサリ場があることも忘れていたなど、初めて歩くのと変わらない感覚でした。
この少し手前では、若い男女2人組とすれ違っていて、結果的にこの日唯一見掛けたハイカーとなっています。
挨拶を交わしただけなので、清澄寺から私と逆のコースを歩いてきたのか、金山ダムから元清澄山を往復したのかは不明ですが、金山ダムに駐車していた車の主と会わないのはおかしいので、たぶん後者なのでしょう。
この区間に入ってもアップダウンは相変わらずで、こんなヤセ尾根を乗り越えていったりします。
そして元清澄山が近付くと、再び長い木段が現れて、これだけでもゲッソリしたのでしたが‥‥。
またしても、せっかく登った分を急下降でフイにしてしまう、という“くだり”が2回ほど繰り返されて、なかなかすんなりと登らせてはもらえないのでした。
ようやく、元清澄山手前の最後の登りに差し掛かる頃には、もう休み休みでないと登れなくなっていました。

元清澄山に到着すると、そこは無人でひっそりとしていました。全く展望のない、地味な頂上です。
さすがに頂上だけは、前回来た時の記憶がちゃんと残っていて、当時とほとんど変わっていない様子でした。
ところで帰りのバスは、清澄寺発15:41と16:53の2便が選択可能で、15:41発ならば往路と同じ新宿直通の特急で帰れて快適、16:53発だと鈍行を乗り継いで夜遅くに帰宅という、それぞれ対照的な結果が待っていました。
当然、早く快適に帰れる15:41発を目標にしていたのですが、そのためには少し速めのペースで歩く必要があって、急なアップダウンの連続にもかかわらず、ここまでは普段よりペースを上げて進んできていたのです。
そうして頑張った甲斐あって、15:41発に間に合うのがほぼ確実となり(この先は次第に道が穏やかになるので、時間も計算しやすくなっていたのです)、気持ちには少々の余裕も生まれていました。
とはいえ日差しが弱くて気温の上がり方が鈍く、そこに冷たい風が終始吹いていて、休んでいると身体が冷えて仕方がありません。そんな訳で、ここでの休憩は10分で切り上げて、先に進んでしまうことにしました。

元清澄山を後にすると、まずは木段を急下降していきます。
アップダウンはまだまだ健在ですが、少しずつ穏やかな区間も見られるようになってきました。
ここで一旦林道に合流しますが、またすぐに山道に戻ります。
三石山の分岐点まで来ました(左上から出てきて振り返っています)。2009年の時は、ここで鋭角に折れるようにして、三石山に通じる写真中央の尾根に入ったので、ここから先は初めて歩く区間になります。

三石山分岐点の先では、稜線の登り下りがほとんどなくなって、斜面をトラバースする区間が大半になります。
ほぼ平坦に歩けるのが楽な一方で、ずっとこんな道ばかりが続いて、いくら進んでも全く景色が変わりません。
もう長い間、道標と道の所在を示す柵以外の人工物を見ていません。静寂に包まれた深い森の中をひたすら抜けていく道では、人の気配が全くないこともあって、すごく山深い場所にいる感覚が味わえました。

同じような景色の連続に退屈してきた頃、林道に出ました。案内図等で「元清澄山入口」とされている地点です。あとは清澄寺までこの林道を歩くだけだと分かっていたのですが、それが舗装されていたのは想定外でした。
清澄寺まではまだ5km以上あって、疲れた足でこの硬い路面を歩くのかと思うと少し気分が凹みました。
「元清澄山入口」より先に一般車が入れないことから、全く車が通らず、のんびりと歩けることだけが救いです。
幸いにも、舗装されていたのは1kmくらいの間だけで、その後は未舗装に変わってくれました。
それだけでも路面の硬さはかなり違うので、残している距離の長さを考えるとこれは大きかったです。
苦しいアップダウンが続いたコースの前半に対して、ほぼ平坦に近い山道や林道歩きが続く後半と、前後半で好対照をなすコースです。それにしてもこの林道では、特段の見所が何も現れないためになかなか退屈でした。
しばらく歩いていくと、右手に池ノ沢番所跡という地点が現れますが‥‥。
前に通過してきた黒塚番所跡と同様に、1本の杭がそれを示していただけです。単なる平地にしか見えないので、スルーしてしまいました。由来を記した解説板でも立っていれば、足を止めることもあったと思うのですが。
さらに進むと、少し開けた地点にベンチが置かれていました(特に地名がないらしく不便なので、この記録では便宜上「展望ベンチ」としています)。このベンチの存在は「千葉県の山(山と溪谷社刊)」に載っていたので、休憩場所に選んでここを当面の目標に歩いたきたのです。ただ、同書で地図上に示された地点が実際とあまりに違いすぎて、そこを大きく通り過ぎてしまったので、ベンチがなくなったものと一旦諦める一幕もありました。
遠くで外房の海が光っていた以外、特に何が見えていたという訳でもなかったのですが、長い林道歩きで唯一腰掛けて休憩できる貴重な場所なので、時間に余裕ができていたこともあり、しっかりと足を休めていきました。

長い林道歩きも、千葉県道81号(市原天津小湊線)を跨ぐと、ようやく終わりを告げます。
ここからは車道に合流して、清澄寺へ向かいます。
ほどなく、帰りにバスを待つ清澄寺バス停の前を通ります。計画段階では早いバスに間に合うかが微妙だと計算していたのに、順調に歩けたことで1時間もの余裕が生まれていて、ゆっくりと清澄寺を見て回れそうです。

ということで清澄寺へ。Wikipediaによれば、1200年の歴史を持つ日蓮宗の大本山で、日蓮が出家得度および立教開宗した寺とされ、総本山の久遠寺・池上本門寺・誕生寺とともに日蓮宗四霊場と呼ばれているとか。
まずは大本山に相応しい立派な仁王門をくぐります。
境内に入ると、ひときわ目を惹いたのがこの千年杉でした。樹齢およそ800年(ただし諸説あり)という古木で、幹の内部に空洞ができて祠になっていたりするものの、枝振りもまだまだ見事でした。
せっかくですから、大堂(本堂)で参拝していきましょう。
もう夕方近い時間のためか、境内には人の姿がまばらで、じっくりと参拝できて良かったです。
大堂(本堂)も荘厳とした佇まいで、天和2年(1682年)の完成とありますから、徳川五代将軍綱吉の時代に当たるようです。この時は中から読経の声がずっと聞こえていました。
大堂(本堂)のすぐ左隣にあった祖師堂も立派でしたが、こちらは昭和に入ってからの建築物のようです。
大堂(本堂)と祖師堂の間から裏手に進んだところに、妙見堂が建つ清澄山頂上への道がありました。
境内から頂上までの標高差は60m以上あって、木段の道を割としっかりと登らされます。
頂上にはこの妙見堂がポツンと建っているだけでした。建物の右後方が清澄山の最高点に当たるようですが、愛宕山・鹿野山に続いて千葉県内3番目の標高を誇るはずなのに、特に山名標のようなものは無かった模様です。
頂上には、妙見堂の建物以外に何もありませんでしたが、さすがにこの時間、こんな場所まで来る人は誰もいません。何もない分、静かに過ごすことはできたので、ここで少し時間調整していきました。

バスが来る10分前にバス停に戻ってみましたが、周囲の閑散ぶりから予想していた通り、バスを待つ人はほかに現れないようです。バス停前に居続ける必要もなさそうなので、展望台への案内に従ってすぐ裏手の小山に登ってみると、登り切ったところには東屋がありました。
こちらが展望台からの眺めです。写真を縮小したら少し分かりにくくなりましたが、小さな山並みの背後で、その上の空よりも少し濃い色に写っているのが、太平洋の大海原でした。
ほぼ定刻でやって来たのは、マイクロバスというよりは大きめのワゴン車でした。定員12人に対してすでに6~7人が乗っていて、もしも満員になっていたらどう扱われたのだろうと、少し気になってしまいました。
安房天津駅に到着。駅前に何もなくて、待合室で時間を潰すしかありませんでしたが、首尾良くここで、往路と同じく1本しかない新宿直通の特急を捕まえることができ、ゆったりと座って帰ることができした。

タグ:房総半島
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ